日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

どんな思考回路でブログタイトルを「ツベルクリン」なんかにしたのか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 「ブログのタイトル、何にしようかな~」

 

 ブログを立ち上げるにあたって、最初のそして最大の悩み事です。ブログ初心者の私は、ネットで色々検索してみました。

 

【鉄板!ブログタイトルの付け方】~人気ブログ50から学ぶ傾向と対策~ - 腐ったみかんは俺かお前か?

 

とか、

http://bank-academy.com > HOME > ブログ運営

 

 

 など参考にしました。

 

 しかしながら、私の頭の中ではある1つのタイトルが最初から浮かんでいたのです‥

 

 話は中学1年生の時に遡ります。その時のクラスでは、まったく意味は分からないけどクラスの中で小説を書くのが流行っていたのです(2~3人の間で)。その流行(2~3人の間で)に乗っかる形で、私も小説を書こうと思いついたのです。

 

 「タイトル何にしようかな~」

 デジャブですが、当然考えるわけです。カテゴリーとしては、しょうもないギャグ小説を書こうと思っていたので、突拍子もないタイトルを付けようと思ったわけです。

 

 ふと教室を見渡すと、後ろの黒板の明日の時間割のところに「1時間目:ツベルクリン注射」と書いてあったのです。

 

 当時の私は「これや!!」と何故か納得し、自分の中二病(中1でしたが)を爆発させた小説のタイトルを「ツベルクリン」と決めたわけです。

 

ツベルクリンってなんやねん?」という方へ‥

ツベルクリン - Wikipedia

 

 そして、三十路になろうかという今現在の私は、中1の私が決めたわけ分からないタイトルをそのまま踏襲しているわけです。思考回路は中1から変わっていないのです。

 

 つまり、ブログの意味深なタイトルは、まったく意味がない

わけです‥。

 

 まあ、そのままブログのタイトルを「ツベルクリン」としても、まるで成長していない…ので、少しいじって「日常にツベルクリン注射を…」としたのです。まるで成長していません。むしろ悪化しています。

 

 「その中学生の時に書いた小説を見せてよ!」

 

 お時間が来たようなので、この辺で…

 

【スポンサーリンク】