日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

【ジブリ作品を社会科的に考察する記事】~火垂るの墓編~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tuberculin:20190106130715j:plain

ジブリ作品を社会科的に考察する記事】シリーズ第2弾、今日は火垂るの墓を取り上げます‼︎


前回の第1弾〜耳をすませば編〜はこちらをご覧ください(=´∀`)

www.tuberculin.net

 

 

 

火垂るの墓』は1945年(昭和20年)の神戸市が舞台です。
※原作者の野坂昭如氏が幼少の頃神戸に住んでいた。


主人公は清太(せいた)君14歳と節子(せつこ)ちゃん5歳。
お父さんは海軍の軍人さんで出兵しているので、普段はお母さんと住んでいました。


そんな3人を襲ったのが1945年6月5日に起こった神戸大空襲。この空襲で清太と節子は、お母さんと家を失います。


清太と節子は、となりの西宮市の親戚のおばさんを頼り、そこで居候をさせてもらう事になりました。


しかし、共同生活が続くにつれ親戚のおばさんは2人を邪魔者扱いするようになり、それに耐えきれなくなった2人は家を飛び出しました。


2人は近くの貯水池のほとりにある防空壕の中で生活を始めました。


この防空壕生活の最中で、

『にぃちゃん何でホタルすぐ死んでしまうん?』

『節子‼︎それドロップちゃう、おはじきや‼︎』

という名言を生みながら、生活をしていくのですが…


というあらすじ。結局2人とも栄養失調で死んでしまいます。


この『火垂るの墓』の中で、どうしても気になっているシーンというか問題点があります(´・ω・`)

 

それは『清太くんの預金7000円もあるやんけ!なんでそれで死ぬんや!』問題です(=´∀`)


<目次> 

 

 

 

①預金7000円の衝撃

f:id:tuberculin:20190106201717j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/火垂るの墓

 

 

西宮市の親戚のところに預けられていた清太と節子。しかし、節子はいいとして清太は学校にも行かず(学校は空襲で焼けたらしい)、ただ家で節子の面倒を見ているだけであり、次第に親戚の風当たりは強くなります。

 

そして親戚のおばさんから「うちとあんたらとご飯べつべつにしましょ」と言い放たれます。

 

それを受け、自分たちの調理道具や食材を買いに行くために町に出た清太と節子。

その途中で銀行に立ち寄り、預金口座の残額を確認しに行くシーンがあります。

 

『母ちゃん、銀行に7000円も貯金しとったんや!』

『7000円やで!あんだけあったら何とでもやっていけるわ!』

 

お母さんは2人のために貯金してくれていたんですね(´・ω・`)

 

この7000円という金額ですが、今のお金に換算すると(戦前戦後は物価の変動が激しいので一概には比較できない)、数百万円と換算することができます。

 

まあ分かりやすく7000円=現在の700万円 としておきます

 

数百万円を持っておきながら、わずか2~3か月で2人は亡くなってしまいます。

今の感覚でいえば、中学生が2~3か月で700万円を使い切るのは至難の業です。

 

 

②なぜ預金口座に7000円もあったのか?

7000円の出どころはお父さん 

 

この7000円の出処はどこやねん( ゚Д゚)って話ですが、これはすぐ導けます。

清太と節子のお父さんは海軍のエリートなのです。

 

映画中でお父さんが出てくるシーンは、あまりなく清太の回想シーンの中で出てくるだけです。

 

その回想シーンで次のようなセリフがあります。

 

清太『兄ちゃんな、節子が産まれる前、観艦式見たことあったんや』

節子『かんかんしき?』

清太『せや、お父ちゃん巡洋艦摩耶(まや)に乗ってな、連合艦隊勢ぞろいやで』

 

 

まず、観艦式(かんかんしき)について解説しますと、

観艦式 - Wikipedia

海上で行う軍艦のパレードのことです。

たくさんの軍艦を集めて一堂にパレードを行うことで「どうだ、わが海軍はすごいだろう(; ・`д・´)」と国民や外国にアピールする場だったのです。

 

清太は神戸の人ですから、神戸で行われた観艦式を調べると

 

特別大演習観艦式1936年昭和11年)10月29日、神戸沖。参加:計100隻(58万0,133トン)、飛行機100機。特別大演習観艦式指揮官:連合艦隊司令長官高橋三吉海軍大将、空中分列指揮官:第一航空戦隊司令官佐藤三郎海軍少将

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%B3%E8%89%A6%E5%BC%8F)

 

 

1936年に神戸で観艦式が行われています。清太5歳くらいかな?

 

 

お父さんの役職は?

その観艦式の回想シーンでお父さんが出てくるのですが

f:id:tuberculin:20190106205112j:plain

出典:https://power-shower.com/hotarunohaka-seita-father

 

お父さんの着ている軍服の紋章などから、1936年の観艦式当時のお父さんの階級は、大尉(だいい)であることが推測されます。

 

下の表は、昭和20年当時の海軍の階級と給料を現した表ですが‥

f:id:tuberculin:20190106205824j:plain

出典:http://tingin.jp/kyuyo_shi/gunjin-kyuyo.html

 

大尉も三階級に分かれているんですが月収122円~155円とされています

今のお金の価値に換算すると月収122万円~155万円!

年収にすると1500万円プレイヤーです(*^▽^*)

 

つまり、清太と節子は超上流階級のボンボンということができます。

しかも、お父さんの大尉という階級はあくまで1936年当時の話です。

たぶん昇進していると思われるので、給料はさらに上がっている可能性もあります( *´艸`)

 

ツベルクリンの予想では、観艦式から9年後の1945年には少なくとも「中佐」くらいには出世しているのではないかと思います(生きていればの話ですが‥)

 

 

 

③なぜ「7000円」も持っていて死ぬのか?

f:id:tuberculin:20190106211511p:plain

お父さんが超エリートなので、現在の価値で700万円という貯金があっても何の不思議はないということを前章で書きました。

 

問題は、この700万円を手にした清太と節子がわずか2~3か月のうちに、栄養失調で死んでいるのです。 

 

 以下この『7000円もあったのに何で死んでもうたん?』問題を検証していきます。

 

 

④お金<現物 の時代背景

現在の感覚でいうと、お金をお店にもっていけば商品と交換してくれますが、当時は極端な品不足です。お金を持っていたとしても商品がなければ仕方ありません。

 

また、戦争末期になるとお金よりも物自体の方が価値を持つようになりました。

 

映画中の中で親戚のおばさんが清太のお母さんの着物を持ち出して、お米と交換してくるという描写があります。

 

お金ではなく、着物を持ち出す。

つまり、価値はお金着物なのですね(´・ω・`)

 

それが分かったのか、映画中後半で空襲の際に清太が「火事場泥棒」を働くシーンがありますが、清太が盗むのはお金ではなく着物の類でした。

 

 

⑤親戚の家を飛び出すという「愚行」

 

手厳しいタイトルですが、まさに「愚行」なのです。

清太と節子が親戚の家を飛び出したのは(´・ω・`)

 

ここで一つのワードを出しましょう

配給制度」です。

配給 (物資) - Wikipedia

 

品不足なので、政府によって家庭に行きわたる生活必需品の量を制限しようとした政策です。

 

お米、砂糖、みそ、酒など50品目以上の食品が配給の対象となりました。

対象の品目は、「1日1人このくらいの量までね( `ー´)」と買える量が決められました。そして、各品目の配給所に行かないと購入できないしくみだったのです。

 

基本的に配給は隣組(となりぐみ)を通して行われます。

隣組とは、5~10世帯ずつを1つのグループとして相互協力、相互監視を目的として作られた今でいう町内会みたいなものです。

隣組 - Wikipedia

 

隣組に所属していないと、配給を受けることはできません。

すなわち、清太と節子が親戚の家を飛び出した(=隣組を離脱した)という行為は、

配給チャンスを自ら手放す「致命的な」行為なのです( ゚Д゚)

 

配給チャンスが無くなった清太は、知り合いの農家に野菜を分けてもらえるようお願いしに行くシーンがあります。

 

農家のおじさん『うちは農家やいうても、人に分けられるほど作っとらんのや』

 

農家のおじさん『やっぱりあの家に(清太たちが飛び出したあ親戚の家)に置かしてもらったほうがええ。第一、今は何でも配給やし、隣組に入っとらんと暮らしてはいけん』

 

農家のおじさんが言う通りなのです。

 

ツベルクリンが予想するに、2人は7000円を使い切らずに死んでしまっているのではないかとさえ思うのです。

 

 

 

⑥そもそも『火垂るの墓』はフィクション

f:id:tuberculin:20190106234603j:plain

 

主人公の清太のモデルは、原作者の野坂昭如氏本人です。

 

もちろん、原作者は14歳で亡くなっていないので『火垂るの墓』は"事実を基にしたフィクション”作品だということができます。

 

映画中では、7000円の貯金を手にしながら清太と節子は亡くなっていますが、これに対し、スタジオジブリ宮崎駿監督はこう批判しています。

 

それから、巡洋艦の艦長の息子(清太のこと)は絶対に飢え死にしない。 
それは戦争の本質をごまかしている。 

それは野坂昭如が飢え死にしなかったように、絶対飢え死にしない。 
海軍の士官というのは、確実に救済し合います、仲間同士だけで。 

しかも巡洋艦の艦長になるというのは、日本の海軍士官のなかでもトップクラスの 
エリートですから、その村社会の団結の強さは強烈なものです。 

神戸が空襲を受けたというだけで、そばの軍管区にいる士官たちが必ず、 
自分じゃなかったら部下を遣わしてでも、そのこどもを探したはずです。 

 

稲葉振一郎インタビュー「ナウシカ解読」より引用)

 

 

まず、断っておきたいのが宮崎駿氏は清太のお父さんが巡洋艦の艦長」だと論じていますが、映画中において「艦長」であると断言できるシーンはありません。

分かっているのは、巡洋艦の乗組員」であった、ということだけです。

 

 

しかしながら、清太のお父さんが艦長までとは行かなくても、「中佐」レベルのエリートであることは前章までの私の記事で書いてきたとおりです(艦長は大佐という階級まで昇進しないといけない)

 

中佐レベルの軍人の息子や娘(清太と節子)が、防空壕で路頭に迷っているなんて現実的には考えられないのです。

 

旧海軍の場合、同期のことを「クラス」と呼びます。

クラス同士の横のつながりは、宮崎氏も述べているように非常に強いものがあります。

 

仮に清太のお父さんが戦死したとしても、お父さんの「クラス」が必ず清太や節子を見つけ出して保護しているはずなのです。そこまでが海軍士官の「任務」なのです。

 

何が言いたいのかというと、「7000円の貯金を持っているような中佐階級の軍人の息子や娘が路頭に迷うことは、当時の常識からして考えられない。だから、火垂るの墓はフィクションだ」ということです。

 

 

⑦まとめ

 

散々「7000円問題」を検証しておきながら最後には「でもフィクションだしね(´・ω・`)で終わらせるヒドイ記事です、まことに遺憾の意を表明いたします( ^ω^ )

 

ブログを始めたときは『最低1記事3000字は書こう(3000字以内で収めよう)』って思ってましたが、もうこの記事は4500字を超えちゃってます。その点に関しても、まことに遺憾の意を表明いたします。

 

まあまずは『火垂るの墓』見てみましょうよ( ;∀;)

火垂るの墓/螢火蟲之墓(おわり) - YouTube

 

 

ブログランキング参加中です、良かったらご覧ください!

にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

【スポンサーリンク】