日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

【あんしんは神話(しんわ)】第1話:イザナギとイザナミ(2人の愛のロマンス編)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

f:id:tuberculin:20190517181623j:plain

【あんしんは神話(しんわ)】シリーズは、神社などの観光地を見学する際に知っておいた方がいい日本の神話を分かりやすくお話ししていくシリーズです。記念すべき第1回目は「イザナギとイザナミ(2人の愛のロマンス編)をお届けいたします。

 

 

「"あんしんはしんわ"ってどこかで聞いたことあるフレーズだな〜」と思われた読者もいらしゃるかもしれませんが、気のせいです(๑・̑◡・̑๑)

 

ツベルクリンは、元社会科の教師であり現役の添乗員です。日本各地に行くと、日本古来の神話を知っておかないと、全く意味不明な場所が数多くあります。神話を知らずに観光地に行く行為は、説明書も読まずにゲーム始めるようなものです。

 

おもちゃ屋で親にテレビゲームを買ってもらった帰りの車の中で、待ちきれず封開けて説明書を読んじゃうように、観光地に向かう移動中にこの記事を読んで欲しいのです。

 

今回は神話の中でも、そのとっかかり部分、「イザナギとイザナミ」を紹介します。この2人の神様イザナギとイザナミの子孫が天皇家に繋がっている(という設定)のです。そして、この2人が今の日本を作ったとされているのです。日本の歴史はこの2人から始まっているのです(о´∀`о)

 

ちなみにイザナギ(男)イザナミ(女)です。イザナ美(み)って覚えましょう♪

 

第1回目は、日本という国がどうやって出来たのか、神話を紐解いていきたいと思います。

 

 

国生みの神話

 

むかしむかし、まだまだ日本という国が出来る前のことです。

空の上に「高天原(たかまのはら)」という神様たちが住んでいる場所がありました。

 

あるとき、神様たちは下界に新しい国を作ることにしました。そこで下っ端のヒラ神さま、「イザナギ」と「イザナミ」を下界に派遣することにしました。

f:id:tuberculin:20190518204233j:image

 

f:id:tuberculin:20190518204238j:image

 

 

神様たちは2人に"天の沼矛"という矛をあげました。

f:id:tuberculin:20190518204215j:image

 

 

2人は、天の浮橋という空に浮かぶ橋に立ち、下界の様子を覗きました。

 

イザナギ『ちょwwwまじブヨブヨで気持ち悪いんですけど~』

イザナミ『ウケるwww貰った矛でかき混ぜちゃえば?www』

 

2人は、下界に向かって矛を降ろしグルグルかき混ぜると、なんという事でしょう、ブヨブヨした物体は、しだいに固まり1つの島が出来ました。これを「おのころ島」と名付けました。

 

イザナギ『やべぇ、なんか島できたんですけどぉ~』

イザナミ『ウケるwwwちょ、降りてみようよ~』

 

2人はおのころ島へ上陸し、仲良く暮らし始めました。

f:id:tuberculin:20190518230405j:image

自分たちが作った国で暮らし始めた2人。ある時、イザナギは言いました。

 

イザナギ『イザナミはん、前からずっと気になってることがあるんやけど…』

イザナミ『何が?』

 

イザナギ『自分の身体に付いてるこの"棒"って何やと思う?』

イザナミ『それなら、ウチの身体にも"穴"みたいなやつがあるんよね〜(実はウチ、この穴の秘密知っとるんよ〜)』

 

イザナギ『この棒ってもしかして、君の穴に入れたらいいんとちゃうか?

イザナミ『(…こいつ、まさか知らないのか?なんてウブなんや…)でも、入れる前にしなきゃいけない儀式があるんよ』

 

イザナギ『儀式?』

イザナミ『"まぐわい"をする前に、"結婚"をしなきゃいかんとよ。男女の契り、って言うんかな〜』

 

イザナギ『結婚?何やそれ?』 

イザナミ『とにかく、私たち結婚しよ!』

イザナギ『お、おう。ほな、おおきに!』

 

f:id:tuberculin:20190520172608j:image

 

 

そして、2人は初めての夜を迎えました。

 

f:id:tuberculin:20190517233738j:plain

 

イザナミは、"島"を産みましたが、ちゃんとした島ではなく、ブヨブヨしたキモい物体でした。2人は舟を作ってキモい物体を舟にのせ海に流しました。

 

2人はもう一度、"まぐわい"をしました。

 

今度は、泡みたいな物体が産まれてしまいました。2人はこの物体に"淡島(あわしま)"と名付けまた海に流しました。

 

 

イザナミ『ウケるwwwまじショックなんですけど〜』

イザナギ『ドンマイ‼︎ ま、大丈夫っしょ‼︎』

 

と言いつつも、不安になった2人は一度、高天原に帰ることにしました。そして、先輩の神さま達に相談しました。

 

イザナギ『…と言うことなんや、何とかならへんやろか?』

神さま達『ちなみに、2人はまぐわいをする前に結婚はしたんか?』

 

イザナミが答えます。

イザナミ『ええ、わたしから"結婚しましょう"ってお伝えしたんです』

 

すると、神さま達はこう答えます。

f:id:tuberculin:20190520180053j:image

神さま達『そりゃあきまへんわ‼︎プロポーズっちゅうのは、男のイザナギはんから言わな。もう一回やり直しや‼︎ しっかりせぇ〜や!』

 

このアドバイスを受けて、2人は下界に降り結婚しなおしました。もちろん、今度はイザナギからプロポーズしました。

 

 

イザナギ『僕わ、僕わ死にましぇ〜ん‼︎ あなたが好きだからぁ!』

f:id:tuberculin:20190520202652j:image

※ちなみに、上の場面が何のパロディか分からない平成キッズはこちらを参照

 

101回目のプロポーズ - Wikipedia

 

 

 

そして2人はその晩、やりました。

 

f:id:tuberculin:20190518165703j:plain


2人は、まぐわいを行い、立派な島が生まれました。2人は、かつての育たなかった子どもを忘れないように"淡路(あわじ)"と名付けました。後の、淡路島です。

 

そのあと、調子に乗った2人は、まぐわいまくり、四国島、九州島、そして本州島を産みました。これが、現在の日本の基になったのです(๑・̑◡・̑๑)

 

 

終わりに…

かつて、北野トマレさんの『ほうれい線上のマリア』おいて、ブログの絵はどうやって書いているのか紹介している記事がありました。

www.kitanostop.com

 

 

ツベルクリンもこの記事をまるパクリし、文房具屋さんへ行って筆記用具を買いに行きました。

f:id:tuberculin:20190518231449j:image

コピックのマルチライナーの黒0.3mmを買いました(トマレさんは0.05らしい)。

 

同じコーナーに、コピックのカラーペンが売ってあったのですが、1本250円もするんですわ。

『まてよ、トマレさんのブログには筆箱いっぱいのカラーペンが写ってたけど、あれ揃えるのにいくらかかるんだよ…(๑・̑◡・̑๑)』と断念。代わりに、消しゴムで消せる12本入り色鉛筆を648円で買いました。ドイツ製のヤバイやつです。

 

ツベルクリンは、まず鉛筆で薄く下書きします。その後、コピックの黒ペンで本書きし、消しゴムで下書きを消した後、色鉛筆で色入れします。別に普通のやり方です(๑・̑◡・̑๑)

 

決して絵が上手いわけではないんですが『まあ最低限何の絵か分かるレベルならいいだろう(´・ω・`)』という甘いハードルで、今回載せました。第2回があるとしたら「神産みの神話(イザナギ死んじゃったよ!編)」だと思いますが、今回の記事に対する読者の方々の反応を見て次回の記事の構想を練ろうかと思います(∩´∀`)

 

はてなブックマーク、コメント、はてなスター大歓迎です。

読者登録はこちらからお願いします

 

【スポンサーリンク】