日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

てるみくらぶ事件のお話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tuberculin:20190610235048p:plain

<ブックマークコメント欄を受けての追記>

※今回の記事は、2017年3月に起こった「てるみくらぶ事件」に関するお話をしていく記事です。いままで一切語られなかった旅行会社側の立場からてるみくらぶ事件をお話していく記事です。

※あんまり暴露すると、なんかヤバい気がするのである程度内容は濁してお伝えいたします。

※旧タイトルは【時効だから話そう】でしたが、この事件は民事&刑事ともに時効ではありません。あくまで、当事者の私が「2年経ったからもう話してもいいだろう」という意味での"時効"です。

※結果を先に言うと、無事何事も無く帰ってこれたので、アニメ『母を訪ねて』的なアドベンチャー要素は発生していません。期待された方、すいません。

 

 

この世の添乗員は、99.9%フリーの添乗員です。旅行会社が独自に雇用している添乗員はほとんど存在しないのです。添乗員養成&派遣会社がこの世には存在し、いろんな旅行会社のツアーにそこから派遣されているのです。A社のツアーに添乗していた添乗員が、翌日B社のツアーに添乗していることはよくあることです。実際、私は5~6社のツアーに派遣され、添乗しています。

 

なぜ、こういう話をしてるかというと、私はかつて存在した「てるみくらぶ」のツアーに添乗した経験があるからです。もっと言えば、てるみくらぶ破産の前日にてるみくらぶのツアーに添乗員として日本を出国した当事者中の当事者です(∩´∀`)∩。その時のお話を言える範囲でお話していきたいと思います。

 

<目次>

 

てるみくらぶってどんな会社?

f:id:tuberculin:20190611001408j:plain

てるみくらぶとは、1998年に設立された格安旅行会社です。東京に本社があり、札幌、名古屋、大阪、福岡に支店を設けていました。インターネットからの申し込みに力を入れその分旅行代金を安く設定していました。また、大々的な新聞広告を載せてもいました。

 

f:id:tuberculin:20190611002255j:plain

格安で海外旅行に行けるとあって、主に若年層に人気の旅行会社だったようです。

 

 

てるみくらぶ事件の発生

f:id:tuberculin:20190611002635j:plain

出典:https://media-groove.com/terumiclub-higaisyanokai/

 

しかし、実際の経営は火の車だったようで、航空会社やホテルへの支払いが滞っていたようなのです。そして、支払期限になっても支払いが完了しなかったため、各関係機関はてるみくらぶからの手配を取り消しました(おそらく、それが2017年の3月23日の話)。そのため、旅行客が現地に行って飛行機やホテルの予約が消されているのが発覚したのが翌24日~になってからでした。

 

3月27日、てるみくらぶは破産しました。すでに旅行中のツアー客に対しては『ごめんけど自力で帰って来てね(∩´∀`)』と通告。

 

どうやら2014年ごろから融資を受ける銀行に対して粉飾決算書(赤字だけど黒字って嘘ついて書いた決算書。TBSドラマ半沢直樹でも出てきた言葉)を提出し、銀行をだまして融資を受けていた事実が発覚。山田千賀子元社長ら幹部が詐欺罪で逮捕されました。

 

てるみくらぶのヤバいところは、破産直前の時期に『旅行代金割引!(すぐにお金全額入金してくれた人のみ)』と謳っていたところです。最後の最後までお金を回収(返せなくなる可能性があるのを分かっていて)しようとしていたのが、被害者数を増大させる要因にもなりました。

 

 

事件発生時の様子

f:id:tuberculin:20190611004143j:plain

出典:http://blog.livedoor.jp/

私ツベルクリンは、不運なことに2017年3月23日(営業停止前日)出発のインドゴールデンルート5日間に添乗員として出発してしまいました。上の写真はそのツアーの広告です。

 

元社長が会見で『海外にもう出発しちゃった人は自力で帰ってきてね(^^♪』と言っちゃったので、ネット上では"てるみくらぶ帰国難易度ランキングww"みたいなスレッドが立ちました。

VIPPERな俺 : てるみくらぶ帰国難易度ランキグンwwwwwwwwwww

 

7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/11/05(月)21:52:58 id:BvG
3位 『世界遺産』8箇所を巡る!インド・ゴールデンルート5日間

 

私が添乗したツアーが帰宅難易度ランキング3位に選ばれました!!やったね(∩´∀`)∩。

 

 

現在の海外旅行のツアーは、添乗員なし(フリープラン型)が増えてきており、海外添乗員の養成の場が少なくなっている状態です。ですから、添乗員付きの海外ツアーを出しまくっていたてるみくらぶは、当時の添乗員業界からすると救世主みたいな感じでした。

 

f:id:tuberculin:20190611015149j:plain

 

と、同時にその旅行代金の安さに『この料金で添乗員の給料払えるの?(笑)』という風潮もありました。ってか5日間でインドまで行って燃油サーチャージ込で旅行代金5万円って安すぎて気持ち悪いですからね。

 

しかしながら、"まさか旅行会社が潰れるわけがない"という空気もあり、てるみくらぶのツアーに添乗させられていたのです。

 

私は、てるみくらぶの社長に会ったことはありません。そもそも、てるみくらぶの支店にも足を運んだことがありません。添乗員が支店に打ち合わせに行くと、交通費が発生します。徹底的なコストカットをしていたてるみくらぶは、添乗員の交通費すら払いたくなかったようで、書類一式私の所属の添乗員の会社に送付するだけで済ませていたのです。ですから、てるみくらぶの社員とすら会ったことがなかったのです。

 

まさか、てるみくらぶが破産寸前とはつゆ知らず、私はお客様10名様と2017年3月23日、インドへ向けて日本を出発したのです。

 

 

事件発覚

f:id:tuberculin:20190611011128j:plain

出典:https://www.travelvoice.jp/

 

23日は、インドへ移動するだけの行程であり、夜遅くホテルへ入りました。翌24日も普通にインド国内の観光を済ませ、ホテルへチェックインしました。

 

ホテルチェックイン後、wifiが繋がったのでLINEをチェックすると、知り合いの添乗員から『てるみくらぶ破産したけど、ホテルとか予約大丈夫?』とメッセージが入っていました。

 

寝耳に水というか晴天の霹靂とは、こういうことを言うのです。とりあえずYahoo!ニュースを調べると"てるみくらぶ営業停止"とかヤベぇことが書いていました。国際電話でてるみくらぶの営業所へ電話しましたが、もちろん繋がらず(∩´∀`)∩。

 

幸い、お客様はガラケーしか持っていないようなwifiのwの字も知らないようなご年配の方ばかりでしたので、お客様に破産は気づかれなかったようです。

⇒実はこの時、友達同士でご参加されていた50代の女性が日本にいるご主人から"てるみくらぶ破産したけど大丈夫か?"と連絡があったらしく、破産したことをご存知でした。でも、この方は"ほかのお客に言ったらパニックになる"と思い、日本に帰着するまで黙っていたようです。何という精神力(;^ω^)

 

f:id:tuberculin:20190611015409p:plain

その後、自分の所属している添乗員の会社から連絡があり、少なくとも私のツアーに関しては予約が消えていないらしいという情報を入手。その後は、何事も無かったように、タージマハルを見たりして、普通に行程を消化していきました。

 

そして、帰着日にインドの空港に到着し、帰りの搭乗券が全員分発券された(つまり無事帰られる)ことを確認した上で、初めてお客様へてるみくらぶが破産したことを伝えたのです。先程の1人を除き、自分が発表するまでお客様は破産をご存知ありませんでした。

 

まあ無事に日本へ帰ってこれましたが、帰りの搭乗券が発券されるまでの旅行中の私の心労は、ハンパなかったことでしょう。最悪、インドでストリートツベルクリンとして生きていくことも考えました。

 

ちなみに、お客様へは『日本の空港に着いたとき、マスコミが取り囲む可能性もあるので、てるみくらぶのタグは外しておいてください』と忠告。私もマスコミに対し『お話しすることはありません』『その件に関しては会社に一任しております』みたいなセリフを考えていたのですが、日本に帰着してみると誰1人マスコミさんはいませんでした。おい、マスコミさん、構ってくれよ(´・ω・`)

 

 

てるみくらぶ事件の教訓

やっぱり『安かろう悪かろう』ですわ。消費者はすぐに値段の安さを求めますが、安さには裏があることを認識するべきですね。サービスを受けるにはそれ相応のコストがかかるのです。

 

今回のてるみくらぶ事件では、旅行代金を払ったのに旅行に行けず返金も無い被害者の方が発生しました。その被害者の方に対しネット上では『自業自得だわww』との意見も散見されました。確かに安さに飛びついてしまった消費者も悪いんですが、自業自得と言ってる人は、絶対にほかの詐欺事件に引っかからないのか疑問です。そういう感情で物を言い思考が停止している人が、いろんな詐欺に対し柔軟にかわせるんでしょうかね(*'▽')

 

終わりに‥

【追記】2019年6月13日

あまりに反響が多かったので、捕捉記事をアップしました。多かったご質問の答えをまとめています。

www.tuberculin.net

 

 

皆様もツアーにご参加の際は、その旅行会社が信頼できる会社が吟味したうえでお申し込みくださいね♪

はてなブックマーク、コメント、はてなスターーーなんでも大歓迎です。

読者登録はこちらからどうぞ!

 

【スポンサーリンク】