日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

【同情するなら土産くれ!】現役添乗員おススメのご当地調味料

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tuberculin:20190708200336p:plain

【同情するなら土産くれ!】シリーズは、現役添乗員おススメの日本各地のお土産を紹介していくシリーズ記事です。今回は「ご当地調味料」をご紹介していきます。
 

  

当ブログを前々からご愛読の高貴な読者の方にとっては、『久しぶりの土産シリーズや‼︎』と思われたことでしょう。

 

お土産って、人に渡す用と自分で消費する用と2種類あると思います。今まで当ブログでは、人に渡す用のお土産を中心にご紹介してきたつもりです。今回は自分用のお土産を取り上げたいと思います。

 

今回注目したのが、ご当地調味料です。巷では『素材の味を大事に』とか『何もつけずにそのまま召し上がりください』などと言われたりしますが、クソ喰らえです(๑・̑◡・̑๑)。調味料でパワーアップする食材もあるだろうと、バカ舌の私は思うのです。

 

今回は、お土産として販売されているご当地調味料にスポットを当ててご紹介していきます。

 

 

<目次>

 

 

おろし生わさび(長野県)

f:id:tuberculin:20190708201253j:plain

長野県の安曇野(あずみの)に「大王わさび農園」があります。わさびのテーマパークという偏った観光地です。

 

ここに「おろし生わさび」があります。保冷剤と保冷パックがついて1000円です。

f:id:tuberculin:20190708200749j:plain

出典:日本一のわさび畑、信州安曇野「大王わさび農場」の個性派わさびグルメ5選 | おみやげーと

わさびが1000円とか狂ってるとしか言いようがないですが、狂ったって良いんです。人間だもの(๑・̑◡・̑๑)

 

保存料を使用していないので、消費期限は40日程度です。その期間内でわさびを使い切るのは至難の業ですが、思わずわさびを使うような食べ物を献立にしたくなるような絶品なわさびなのです。

 

 

能登揚げ浜塩(石川県)

f:id:tuberculin:20190708201446j:plain

出典:揚げ浜式製塩の塩づくり|奥能登塩田村

調味料の基本である塩。どんな塩を使うかでで人生決まります。良い塩を使っていれば、会社でも出世できるし、恋人も出来るし、良いことだらけです。

 

ところで、塩ってどのように作られるかご存知ですか?日本では現在ほぼ全ての塩が機械で海水をくみ上げて工場で製造されています。この方法だと安上がりで大量の塩を製造することが出来ます。

 

"ほぼ"と言ったのは、日本で唯一、古くからの「揚げ浜塩田式」という手法を取っている所があるのです。石川県の奥能登塩田村です。

f:id:tuberculin:20190708202223j:plain

 

揚げ浜塩田式とは、海水を汲んできて砂浜にぶちまけて、砂を乾燥させて塩分を取り出すというアナログなやり方です。

f:id:tuberculin:20190708202548g:plain

出典:学研キッズネット

この方法で取り出した塩は、非常に風味がよく美味しいのですが、いかんせん生産量が多くできないのでどうしても割高になってしまいます。

f:id:tuberculin:20190708202806j:plain

出典:能登 | 日本 | 株式会社奥能登塩田村|公式オンラインショップ

50グラム400円というやんちゃな価格設定です。ちなみに、いつも『添乗員さんも良かったらどうぞ!』とお店の方から1袋貰うのですが、貰ったのにもう1個お金出して買っちゃうほど好きな塩です。みなさんも奥能登に来たらぜひお立ち寄りおください。この塩を使うようになっても、会社では出世しないし、恋人も出来ませんけどね(∩´∀`)∩。


 

七味家本舗の唐辛子(京都府)

f:id:tuberculin:20190708203316j:plain

出典:七味家本舗 - Wikipedia

 

以前当シリーズの京都府編で紹介したお店です。おススメなので2回紹介します。決して、ネタの使い回しとかそういう気はあんまりありませんのでご理解ください。

www.tuberculin.net

 


京都でも有数の観光地である清水寺。その清水寺に向かうお土産屋さん通りの入り口に、唐辛子専門店である七味家本舗があります。

 

ここの唐辛子は上品な辛さです。ハバネロのような無秩序的辛さではありません。京風の薄味を殺さない程度の辛さです。

 

2回も紹介しているのだから、そろそろ七味家本舗さんからお中元の1つくらい届いてもいいはずですが、おそらく私の住所を知らなくて送れないだけと思います。決して『ぶぶ漬けでもいかがどす?(お茶漬けでもどうですか?*京都風訳→さっさと帰れ‼︎)』精神ではないと信じております。 

 

 

 

ゆずすこ(福岡県)

f:id:tuberculin:20190708203549j:plain

主に九州地方で使われる調味料に、ゆずごしょうがあります。こしょう=唐辛子、です。ゆずの酸っぱさと唐辛子の辛さがマッチした調味料です。

 

その九州で画期的な調味料が考案されました。「ゆずすこ」です。ゆずごしょう+タバスコ=ゆずすこ、です。液体ゆずごしょう、とでも言っておきましょう。

 

液体になったことで非常に使いやすくなってます。テレビ番組『マツコの知らない世界』でも紹介されました。

 

f:id:tuberculin:20190710124338j:plain

 

マツコが持つとゆずすこがめっちゃ小さく見えます。福岡空港でも取り扱いがあったと思います。福岡にお越しの際は、ぜひ‼︎
 

 

 

屋久島醤油(鹿児島県)

f:id:tuberculin:20190708203816j:plain

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

特に東日本在住の方が九州に来て感じる違和感の1つに『醤油が甘い‥』ってことがあります。そうです、九州の醤油は甘いのです。理由は簡単で、醤油に砂糖が入っているからです。

 

個人的な感覚ですが、九州でも南に行けば行くほど醤油も甘さが高まっていきます。鹿児島の醤油とかジュースですわ(๑・̑◡・̑๑)

 

その鹿児島の醤油に、屋久島で獲れる新鮮なサバのダシを混ぜちゃったのがこの「屋久島醤油」です。

 

屋久島は、当ブログ「行ってよかった観光地ランキング」において満点1位を獲得した観光地です。

www.tuberculin.net

 

 

その、屋久島で私がおススメするのがこの屋久島醤油なのです。屋久島には、"サバ節"というサバを燻製したおつまみが販売されてますが、そのサバ節と屋久島醤油の相性がバツグンなのです。

f:id:tuberculin:20190710124540j:plain

出典:屋久島観光・地域情報サイト「 屋久島マルシェ」| 屋久島の観光・地域情報から旬な島情報まで

 

屋久島の幻の焼酎、三岳を飲みながら晩酌することが屋久島の贅沢な楽しみ方です。(ちなみに私はお酒全く飲めません。)

 

f:id:tuberculin:20190710124646j:plain

出典:薩摩の焼酎専門店【紀乃島屋】鹿児島からお届けする芋焼酎の通販サイト

毎回毎回屋久島へ行ったら屋久島醤油を買ってきます。ただ、私が屋久島のツアーに割り当てられると、なぜか台風が来てツアー中止になってしまいます。

 

ですから、もし物好きな読者が『そんなにおススメするなら、ツベルクリンさんが添乗する屋久島のツアーに参加したい‼︎』と思って頂いても、いつまでたっても屋久島に行けないのです(๑・̑◡・̑๑)

 

 

終わりに‥

はてなブックマーク、コメント、はてなスター大歓迎です。

読者登録はこちらからどうぞ!

 

【スポンサーリンク】