日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

【ざつだん!】ブログの内容に嫉妬しちゃうブロガーさんを紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tuberculin:20190905213531j:plain

【ざつだん!】シリーズは、私ツベルクリンが日々考えていることを垂れ流していく日常系記事シリーズです。今回がその第1回目です。今日のざつだん!のテーマは「文才溢れすぎて嫉妬しちゃうブロガーさん」について書いていきます。

 

私はブログを始めるまでは、割と自信があったのです。100記事くらいなら余裕で書き続けられるであろう、そしてある程度読者の方を惹きつけることが出来る文章を書けるであろうと(๑・̑◡・̑๑)

 

私が挑戦したのは、ブログで旅行記というか紀行文を書くということです。それも、"ひねくれ紀行文"というジャンルです。ひねくれ紀行文の分野は未開拓というか誰も踏み入れてない、草ボーボーのカテゴリーだと思うのです。

 

f:id:tuberculin:20190905223144j:plain

 

草ボーボーですからある程度は草むしり放題です。持ち前のアウトローさを駆使し、ある程度のマニア様を得ることに成功しました。ただ、他のブログを読んでいると、その文章力に思わず嫉妬してしまうブロガーさんがいます。

 

 

 

www.kitanostop.com

やっぱり絵を描けるのって憧れます。ただ、絵日記ブログも、意外と文書力って大事なんですよね。北野トマレさんには、過去に私の想像図を描いて頂いたことがあります。バケモノ化していましたが、有名ブロガーさんですから全く問題はないのです(๑・̑◡・̑๑)。もし、私が本を出版することがあったら、賄賂を渡して表紙の絵を頼もうと企んでいます。

 

 

 

こちらのブロガーさんも絵日記ブログです。絵と文書で畳み掛けてきます。

www.kimamanaasako.com

絵だけで面白いって反則なんですよね。ボクシングの試合で金属バット使っちゃう感じです。そして、おそらくあさこ氏なら文章だけでも十分人気ブロガーになっていることでしょう。文章も絵もどちらも面白いって、ハンバーグドリアのようで、もうお腹いっぱいです。

 

【スポンサーリンク】  

 

www.mamamaccori.com

こちらのブロガーさんは、まさしくアウトローです。本当に何でもない出来事をまるで天変地異が起こったかのように文書を書いていきます。まさしく外国産の大したことないエビを、衣に衣を重ねて豪華エビフライにしちゃった感じです。

 

それでいて全く脂っこく無い、ちゃんとエビ感を感じられる不思議な文書です。こんな文才を持った人間が、ど田舎の離島に住んでるってところがヤバいです。日本の広さをこの人で実感できます。

 

 

 

www.momosjournal.com

この方は、ほぼ毎日ブログを更新されています。淡々と日々の出来事を書いてるだけなのに、よく読むと予想外の場所から笑いの仕掛けに出くわします。もらい事故みたいなもんです。

 

こういう、抑揚も装飾もない文書で笑わせてくるブロガーさんこそ、文才があると言えるのでしょう。『さぁ、ここで笑うんですよ!』的な煽りをする必要がない文才を持つブロガーさんに嫉妬しちゃいます(๑・̑◡・̑๑)

 

 

 

この嫉妬が私をブログ執筆に向かわせる原動力となっているのです。なぜか知らないけど、『負けたくない』と勝手に戦いを挑んで『なかなか良いパンチだな、今日はこのくらいで引き上げてやるか(*'ω'*)』と勝手に自滅していきます。これからも、更新を続けて頂き私の嫉妬心をくすぶってほしいと思います。

 

ちなみに‥

今回ご紹介した北野トマレさんの記事にて当ブログの【ツベルクリンwalker】シリーズの記事が言及されました。

www.kitanostop.com

 

 

そして、言及してくださったのがこの記事

www.tuberculin.net

 

どうやら、トマレさんが家族旅行中に当ブログの記事を発見し、読んでみたらとても面白そうな場所だと思ってくださり、急遽家族旅行の行程に組み入れたそうです。

 

当ブログは、旅行記の中でも"ひねくれ旅行記"という分野で書いています。基本的に、観光地のことをけなしたり罵倒したりしながら紹介していくスタイルです。『そんなことしたら観光地に対する営業妨害なのではないか?(*'ω'*)』とお怒りの声が殺到しそうですが、現実にはこのように私のひねくれ紀行文を読んで『ここに行きたい♬』と思う方もいるわけです。人間は、ひねくれた場所が好きなのです。

 

 

【スポンサーリンク】