日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

【保存版】当ブログのGoogleアドセンスの広告クリック率や貼り方をさらけ出す記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tuberculin:20190927215209j:plain



保存版】シリーズは、筆者であるツベルクリンが色々なジャンルのネタを好き勝手に書いていくシリーズ記事です。今回は、「Googleアドセンスの広告クリック率や貼り方をさらけ出す記事」です。

 

ブロガーさんの中には、Googleアドセンス申請中であったりすでにご自身のブログに広告を貼り付けている方もいらっしゃると思います。当ブログ日常にツベルクリン注射を‥も、Googleアドセンスを貼り付けています。 

 

私は"少しだけ"考えてアドセンスの広告を貼り付けていて、"少しだけ"その効果があったっぽい収益を得ることが出来ました。具体的な金額は明言を避けますが、2019年9月度に関しては「月PV数≒収益」でした。今日は、その"少しだけ"の部分を皆様にご紹介したいと思います。

 

<目次>

 

 

 

Googleアドセンスの収益を決める3要素

f:id:tuberculin:20190928205735j:plain

Googleアドセンスの貼り付ける目的の100%は、「収益を得てお金持ちになって世界を征服したい」という邪悪な思想だと思われます。Googleアドセンスの収益を決める3つの要素があります。すなわち「PV数」「クリック単価」「クリック率」です。1つずつ見ていきます。

 

PV数

Googleアドセンスとは、貼り付けた広告をネットユーザーがクリックしてくれることにより収益が発生します。まず自分のサイトなりブログに訪れてくれる人がいないと広告をクリックされようがないのです。なので、とにかく収益を増やしたいのなら、PV数(アクセス数)を増やす努力をしていくべきなのです。

 

クリック単価

クリック単価とは、1クリックあたりの収益のことをいいます。アドセンス用語で「CPC」と言います。1クリックあたりの平均的な収益は「30円」と言われています。

 

アドセンスに張り付けられる広告は、基本的にネットユーザーの趣味趣向をGoogleが勝手に推察し、張り付けられます。育児に興味があり、育児に関してネット検索してきたユーザーが自分の記事に訪れた場合、Googleは『あぁ、このユーザーは"育児"に興味があるんだな、じゃあ育児の広告を張り付けよう』と判断します。

 

クリック単価を上げる方法の1つとして、「クリック単価が高そうなジャンルの記事を書く」という方法が挙げられます。例えば、金融、不動産、美容、保険‥etcです。そのようなジャンルは、企業側の利益が大きいため、広告費を高めに設定していることが多いのです。そのようなジャンルの広告は、クリック単価も時として1000円にまで上がることがあります。

 

注意したいのが、そのようなジャンルは他のライバルサイトが多いという点です。クリック単価は上がるかもしれませんが、肝心のPV数が増えにくいという欠点があります。初心者が手を出しづらいジャンルでもあるのです。

 

反対に、雑記ブログだとクリック単価はあまり高くなりにくい傾向にあるようです。

 

 

クリック率

収益が発生する瞬間というのは、ネットユーザーが広告をクリックした時です。いくらPV数が1万とか10万あっても、誰1人もクリックしなければ収益は発生しません。

 

クリック率は、アドセンス用語で「ページCTR」といいます。平均的なページCTRは1%と言われています。100人が記事を見たら1人が広告をクリックしてくれる、ってことです。

 

そして、目指すべきページCTRは"2%以上"と言われています。1%を切ると、ちょっと少ないかなと考えられます。

 

 

当ブログの現状

Googleアドセンスのホーム画面でクリック率やクリック単価が調べられます。ホーム画面の「掲載結果」というカテゴリーを見てみましょう。

 

 

f:id:tuberculin:20190927212624p:plain

内緒の部分は加工しています。当ブログのクリック単価(CPC)は19円、クリック率(ページCTR)は4.21%となっています。この数値は、当ブログ全体の平均値だと思われます。

 

前述したように、クリック単価の平均値は30円、クリック率は1%と言われています。ここから見えてくる当ブログの現状は『クリック単価は激安だけど、クリック率の高さは異常』といえるでしょう。

 

クリック単価については、ブログの方向性を変える必要があったり、企業側の都合(決算期は広告費が高い、それ以外の時期は広告費を渋る等)も関係してくるので、平均より低くても仕方ないでしょう。

 

となると、ブロガーさんの努力で改善できると思われるクリック単価以外の2つの要素、アクセス数&クリック率を上げていくことが求められます。

 

アクセス数の向上については、検索流入数を上げることが近道です、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【保存版】検索流入数を上げる方法を模索する記事 - 日常にツベルクリン注射を‥

 

【保存版】ブログ初心者向けのSEO対策のやり方を考えよう - 日常にツベルクリン注射を‥

 

 

 

クリック率の向上については次章で検証していきます。

 

 

 

広告を貼る場所と収益の違い

先に言いたいことを言っちゃうと『広告を貼る場所によってクリック率も違うし、つまりは収益も変わってくるよ!』ということです。当ブログの状況を見ていきましょう。

 

Googleアドセンスのホーム画面、「広告ユニット」の欄に広告の場所ごとの収益が表示されます。色々な場所に広告を貼っていますが、収益上位5位までが表示されます。

f:id:tuberculin:20190927212638p:plain

金額は秘密ですが、「タイトル下(スマホ用)」「リンクユニット」が収益が大きいみたいです。そして「記事下」、「関連コンテンツ」と続きます。

 

タイトル下とは、この部分です。

f:id:tuberculin:20190929085710p:image

『日常にツベルクリン注射を…』ってブログタイトルのすぐ下です。ネットユーザーが私のブログを訪れてくださった時に1番最初に目につく場所です。

 

まぁ、この場所の収益が高い(=クリック率が高い)ってことは、当ブログに来て早々にブログの記事を見ずに広告へと離脱しているってことになり、心境としては複雑ですがそんなの問題ないのです。(๑・̑◡・̑๑)

 

 

リンクユニットとは、この部分です。

f:id:tuberculin:20190929090108p:image

普通広告って画像+文書になっているパターンが多いのですが、リンクユニットは文書のみの広告です。しかも、表示されているキーワードをクリックした先で表示される広告をクリックしなければ、収益は発生しません。クリックを2回される必要があるのです。

 

クリックを2回しなければならないってことは、広告に興味があるユーザーと言えます。そのようなユーザーが見るので、クリック単価も高めに設定されてあるのかもしれませんね。

 

 

記事下とは、この部分です。

f:id:tuberculin:20190929092829p:image

 

文字通り記事の1番下ですね!

 

 

関連コンテンツとは、この部分です。

f:id:tuberculin:20190929223246p:plain 

このように、自分のブログから抜粋された関連記事の中に紛れ込んで広告が表示されるファンタスティックな広告です。関連コンテンツは誰もが表示できるわけではなく、一定の条件が必要です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

www.tuberculin.net

 

 

記事の真ん中付近の広告に関しては、見出しと見出しの間などに貼り付けている広告です。これに関しては、私が毎度記事を更新するときに、適当に貼り付けています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

広告の貼り方をご紹介

毎回毎回広告を貼り付けるのもめんどくさいので、はてなブログの管理画面の編集画面にHTMLタグを貼り付けています。そうすることで、記事を更新すると自動的に広告が張り付けられます。今回は、収益が大きい「タイトル下」「リンクユニット」の広告の貼り方をご紹介します。

 

タイトル下の広告の貼り方

まずは、Googleアドセンスのホーム画面を開きましょう。

f:id:tuberculin:20190929211415p:plain

 「広告」→「広告ユニット」より、右側のページ、「ディスプレイ広告」をクリック。まずは、広告コードを取得します。

 

 

f:id:tuberculin:20190929212121p:plain

 

広告の名前は、自分が後から見て分かる名前を入力しましょう。

 

すると広告コードが現れますのでコピーしましょう。

 

 

コードを張り付ける場所です。

f:id:tuberculin:20190929213905p:plain

はてなブログverですが、管理画面より「デザイン」→「スマホのマーク」→「ヘッダ」の順でクリック。

 

f:id:tuberculin:20190929213921p:plain

上のスクショのように、「タイトル下」の自由にコードを張り付けられる欄に先ほどの広告コードを貼り付けましょう。

 

当ブログに貼り付けてあるHTMLです。興味があれば自由にご使用いただいて結構です。

<p style="text-align: center;"><span style="font-size: 70%;">【スポンサーリンク】</span><br />
(ここにアドセンスからコピーしたHTMLを張り付けてください)
<p/>
<style type="css/text">div.entry-content.section{overflow-x:hidden;}</style>

 

すると、記事を更新するたびに勝手にタイトル下に広告が貼り付けられます。

 

 

 

リンクユニットの広告の貼り方

これまたアドセンスのホーム画面を開きましょう。

f:id:tuberculin:20190929215534p:plain

「リンク広告」をクリックします。その後のコード取得方法は、タイトル下広告とほぼ同じ流れです。

 

f:id:tuberculin:20190929220420p:plain

私は、リンクユニットを各記事の記事タイトルのすぐ下に貼り付けています。「デザイン」→「スマホのマーク」→「記事」の順でクリックしていきます。

 

 

f:id:tuberculin:20190929220435p:plain

そして、「記事上」をクリックし、その部分にアドセンスのコードを貼り付けます。

 

当ブログでは、以下のコードを張り付けています。ご自由に持って行ってください。

<div class=”insentence-adsense”>
<p style=”text-align:center;” >スポンサーリンク<br>
(ここにアドセンスからコピーしたHTMLを張り付けてください)
</p>
</div>

すると、勝手にリンクユニットが表示されるようになります。

 

【スポンサーリンク】 

 

 

終わりに…

Googleアドセンスの収益を決める3要素ですが、重要度としては、"クリック単価<PV数≦クリック率"だと考えてます。クリック単価は自分ではどうしようもない部分もありますからね。

 

【スポンサーリンク】