日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

【ツベルクリンWalker】添乗員が徹底ガイド~麻羅観音(山口県)~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tuberculin:20200104212250j:plain


【ツベルクリンwalker】は、様々な観光地を添乗員である私ツベルクリンが徹底的にガイドしていくシリーズ記事です。今回は、山口県にある麻羅(まら)観音をご紹介していきましょう。

 

前回の【ツベルクリンwaiker】シリーズはこちら

www.tuberculin.net

 

添乗員の仕事とは別に、プライベートで2019年12月31日の大晦日に山口県を回って来た時の記事です。その第3弾記事です。

 

仕事ではなくプライベートで観光地を回ることを、私は"取材旅行"と呼んでいます。以前、東京都&神奈川県、福岡県と回って取材してきました。その取材の中で必ず入れるスポットが、"子宝観音"です。子宝観音シリーズ、とでも言いましょうか。

 

神奈川県の子宝観音はこちら

www.tuberculin.net

 

福岡県の子宝観音はこちら

www.tuberculin.net

 

子宝観音とは、その名の通り子宝に恵まれない人々が、子宝に恵まれるようにお願いしに行く観音さまのことです。もちろん、非常に真面目な場所なのですが、なぜかGoogleさんはそれをポリシー違反だと見なすのです。おかしな話です。

 

この記事では、子宝観音の山口県代表に選ばれた麻羅観音をレポートした記事です。Googleさんと私、どちらの感性が間違っているのか、皆さんにご判断頂きたいと思います。

 

<目次>

 

 

 

 

麻羅観音の概要、由来

f:id:tuberculin:20200104214323j:plain

出典:大内義隆 - Wikipedia

麻羅観音の由来は、他の子宝観音とは少し異なります。戦国時代の1555年、中国地方に巨大な勢力を築いていた大内義隆(おおうちよしたか)は、家来の陶春賢(すえはるたか)の裏切りに遭い、戦死してしまいます。

 

この時に、大内義隆の小さな幼子は、女装して家来と共に山中を逃げ回っていたのですが、陶軍の兵士に捕らえられ殺されてしまいます。その際に、男子である証拠として、"あそこ"を切り取られた、という話が伝わっています。それを哀れに思った地元住民が、その子の慰霊のため建立した、との説が有力です。

 

つまり、もともとは慰霊の場所だったのですが、やっぱり"アレ"が乱立している景観を見ると、結局は子宝観音化してしまうのです。

 

 

 

麻羅観音のアクセス

 

結構、山の中にあります。ウネウネの道を走らされました。車酔いがひどい方は、ゲロまみれになるかもしれませんが、そこまでして行く価値はありません。

 

 

f:id:tuberculin:20200101130746j:image

こういう子宝観音って、"知る人ぞ知る(知らない人は知らない)"といったように、ひっそりしていて案内看板なんか無いのが普通です。ですが、この麻羅観音は割とオープンな存在らしいです。

 


f:id:tuberculin:20200101130728j:image

案内通りに進むと右手側にアウトローな空間が出現します。

 

 

麻羅観音をお参りしよう!


f:id:tuberculin:20200101130732j:image

今までの子宝観音と比べて、やっぱりここは非常にオープンです。何が"日本一"なのか分かりませんが、とにかく日本一なのです(*'ω'*)

 


f:id:tuberculin:20200101130754j:image

結構広い駐車場が。普通、子宝観音って明らかに車でしか行けないような場所であっても、駐車場など無いものです。ここはサービスがすごいですね。お参りした後、『お参りしたから、きっと僕らにもデキるよ!』とか言って、すぐに車の中でおっぱじめられるもの(*'ω'*)

 


f:id:tuberculin:20200101130743j:image

ベンチも壊れてるもん。ベンチでおっぱじめちゃった人たちもいたのかな?

 


f:id:tuberculin:20200101130725j:image

さっそくお参りしましょう。

 


f:id:tuberculin:20200101130739j:image

どうぞ勝手に読んでおいてください。

 


f:id:tuberculin:20200101130736j:image

非常にグローバルな看板です。こんなところまで外国人来るのかな? 

 

 

f:id:tuberculin:20200101130922j:image

見てください、この乱立っぷり。一体何を模した像なのか私には分かりませんが、とにかくすごいです。

 


f:id:tuberculin:20200101130928j:image

裏すじ部分もくっきりです。

 

 

f:id:tuberculin:20200101131056j:image先っぽの割れ目もいい感じです。

 


f:id:tuberculin:20200101130906j:image

ふなっしーは30センチくらいですから、60センチくらいあるのかな?通常サイズの4倍ですわ。

 


f:id:tuberculin:20200101130914j:image

金属で出来たヤツもあります。皆さん先っぽを触っていくんでしょうね、ツルツルです。

 


f:id:tuberculin:20200101130909j:image

ご本殿です。

 


f:id:tuberculin:20200101130917j:image

子宝観音へ行くと、必ずこの"棒"みたいなヤツと、"穴"みたいなヤツがセットになって置いてあるんですよね~。何を表現してるんだろ?(*'ω'*)

 


f:id:tuberculin:20200101130925j:image

カメさんです。頭っていうか首の部分がめっちゃ長くて、何かの形っぽいですが、思い出せません。

 

ちなみに、ご本殿にはなぜか『プレイボーイ』が奉納されていました。何か関係あるのでしょうか?

 

f:id:tuberculin:20200101131150j:image

よくお参りへ行くと、絵馬を書いたりしますが、ここは細長いオブジェに願い事を書いて奉納するようです。

 


f:id:tuberculin:20200101131144j:image

『2人目を授かりますように‥』などと願い事が書いてあります。この書いてるオブジェ、何かの形に似てるんだけどなぁ~なんだろう?

 


f:id:tuberculin:20200101131147j:image

そしてなぜか奉納してあるキャラクター写真。マジでこのキャラが誰なのか分かりません。ご存知の方、ブックマークコメントで教えてください(´・ω・`)。

 

 

終わりに‥

この世に子宝観音がある限り、私は徹底的に紹介していくつもりです。それが、真のアウトローのあるべき姿なのですから‥(´・ω・`)。

 

当ブログのtwitterアカウントはこちらです

ツベルクリン@現役添乗員 (@tuberculin0706) | Twitter

 

【スポンサーリンク】