日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

【ざつだん!】前知識無しで自分のブログを読んでみたい件

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tuberculin:20200306202714j:plain

【ざつだん!】シリーズは、私ツベルクリンが日々考えていることを垂れ流していく日常系記事シリーズです。今回のテーマは、「前知識無しで自分のブログを読んでみたい件」というテーマです。

 

 

当ブログ『日常にツベルクリン注射を‥』は、アバンギャルドで愉快な読者様たちに支えられております。多くの方たちのご支援を頂いていることに間違いはないのですが、1つ言えるのは、当ブログの一番のファンはこの私だということです。

 

f:id:tuberculin:20200306213929j:plain

私の日常の楽しみは、夜寝る前のスマホです。寝る前スマホは、当然寝つきが悪くなる原因であり撲滅すべき行動なのですが、そんなこと知ったこっちゃありません。

 

じゃあ、寝つきが悪くなる覚悟で何を閲覧しているのかといったら、色々なサイトのうちの1つが『日常にツベルクリン注射を‥』なのです。

 

もちろん、すでに公開済みの自分の記事を読むこともありますが、どちらかというと下書き記事メインで読みます。すでに完成し、あとは公開ボタンを押されるのを待っている下書き記事です。

 

ブロガーの皆さんは、自分の下書きを読んだりするんでしょうか?中には、『下書きが完成したらすぐに公開しちゃう』という人もおられるかもしれません。"宵越しの記事は持たねえ!"主義の方々です。

f:id:tuberculin:20200306214427j:plain

一方、私はある程度下書きをストックしておかないと不安なタイプです。現在でも10記事ほど完成した下書きが眠っています。そういう完成済み下書きを寝る前に繰り返し読むのが楽しいのです。

 

それは、もう推敲とか確認とかいう作業の枠を超え、単純に自分の記事を読むのが楽しいからという気持ち悪いところまで達しているのです。ここまで来るともう元には戻れません。

 

もちろん、本当に気持ち悪いことは重々承知なのですが、自分が読んで面白いと思ったり読み応えあるなって思ったりできない記事をアップするってのはどうなんでしょう?

 

ネット上に記事をアップするって行為に対しては、ある程度自分自身で責任を持たなければいけないと思うのです(もちろん、自分だけが面白く感じる記事だってあったと思いますよ。でも自分が面白く感じたんだから仕方ない)。

 

f:id:tuberculin:20200306215441p:plain

というわけで、私は"世界で最も早く『日常にツベルクリン注射を‥』を読めるファン"という確固たる地位を手に入れているわけですが、同時に大きな制約を抱えています。それは、自分で書いてる記事だからすでに内容を知っている、という点です。

 

この"自分の記事だからすでにネタバレしてる問題"どうにかなりませんかね?(*'ω'*)。できれば、いつも当ブログをご愛読して頂いてる皆さんのように、まっさらな状態でこのブログを読んでみたいのです。

 

考えられる方法は、下書きをストックした状態で記憶喪失になるってやり方です。

 

f:id:tuberculin:20200306220933j:plain

出典:地獄のミサワ

『私がブロガー‥?』『アウトロー?』のような状況に陥ったら、きっとこのブログを新鮮な気持ちで読めると思うのです。

 

ただ、だからといって街で私を見かけても、『記憶喪失にさせちゃお♬』とか言って後頭部えぐれるほどぶん殴らないでくださいね。当ブログの読者の方ならきっと記憶喪失どころか致命傷を負わせてきそうですから(*'ω'*)

 

あとは、書いた記憶がなくなるくらい待ってから読み直す方法です。私は大学生のころ、mixiでほぼ毎日日記みたいなものを書いていたのです(公開は知り合いのみ)。10年経った今では、当時書いた内容など忘れていますから、割と新鮮な気持ちで読めると思うのです。

f:id:tuberculin:20200306222202j:plain

問題は、実際に10年前の自分の文章を読むとクソ恥ずかしいってことです。知り合いとはいえ、よくこんなもん公開してたなって思います。

 

ん?ってことは、このブログも10年後くらいに読み返してたらクソ恥ずかしく思うってことじゃね?。今こうやってキーボードカタカタしてる文章って、10年後には黒歴史化してるってことじゃね?しかも、mixiと違って全世界に公開しちゃってるけど(*'ω'*)。

 

では、せめて黒歴史化しないように、なんとか"グレー歴史"くらいに収めようと、書いた下書き記事を必死に読み直して修正するわけです。

 

何度も読み返すうちに、何か知らんけど自分の文章にハマっていって、『ああ、前知識無しで自分のブログ読みたいな~。せや、記憶喪失や!』と無限のループに陥っていくのです。

 


阪神タイガース「黒歴史」【電子書籍】[ 平井隆司 ]
 

 

 

【スポンサーリンク】