日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

【ふなっしー30分クッキング】誰でも作れる♬~鶏肉とキャベツの味噌煮~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tuberculin:20200628210954j:plain

【ふなっしー30分クッキング】は、ふなっしーが30分くらい料理していくのをただ見守るシリーズ記事です.。今回は、「鶏肉とキャベツの味噌煮」をご紹介していきましょう。

 

当ブログではご紹介していませんが、ツベルクリン家の夕食は「照り焼き」「トマトソース煮」「クリーム煮」「味噌煮」のローテーションで色んな食材を煮殺しにしています。

 

この中でも、味噌煮は割と好きです。おそらくほとんどの日本人が味噌煮と聞くと"サバの味噌煮"を思い浮かべるでしょう。個人的には、サバは味噌煮なんかにするより刺身にして食あたりを起こしてこそ、生粋の日本人だと思うのですが、つい最近サバの味噌煮を作ってみました。

 

f:id:tuberculin:20200628211741j:image

一見普通に見えますが、塩サバをろくに塩抜きせずそのままぶち込んでるので、まあしょっぱくてご飯が進みまくりだったのです。

 

『魚ではなく肉を味噌煮にしたらどうだろう?』と、これまでの主婦&主夫が思いついたアイデアに私もついに至りました。今回は、鶏肉とキャベツを味噌煮殺ししていきたいと思います。

 

 

<目次>

 

 

 

鶏肉とキャベツの味噌煮の材料


f:id:tuberculin:20200628211729j:image

材料(たぶん1人分)は以下の通りです

 

  • 鶏肉‥好きなだけ
  • キャベツ‥4分の1玉
  • 味噌‥大さじ2杯
  • 醤油‥大さじ1杯
  • みりん‥大さじ1杯
  • 料理酒‥大さじ1杯
  • 砂糖‥大さじ1杯
  • 水‥150ml

 

味噌に関しては、特にこだわりは無いので、液体垂れ流しタイプを使用しています。鶏肉はもも肉を使用しています。むね肉とかクソです。

 

 

 

鶏肉とキャベツの味噌煮のレシピ


f:id:tuberculin:20200628211752j:image

なんていう切り方か忘れましたが、とりあえずキャベツを切り刻んでください。

 

 


f:id:tuberculin:20200628211746j:image

鶏肉も1口サイズに切ります。

 

 


f:id:tuberculin:20200628211749j:image

鶏肉をしっかり炒めます。食あたり推進派の方は、レア状態でも構いません。

 

 


f:id:tuberculin:20200628211738j:image

ある程度鶏肉に火が通ったら、キャベツを投入します。なんか鶏肉の量に対してキャベツの量が尋常じゃない気がしてきましたが、キャベツは縮むので大丈夫な気がします。

 

 

 

f:id:tuberculin:20200628211818j:image

ある程度炒めたら、水・味噌・醤油・みりん・料理酒・砂糖、もうとりあえず全部ぶち込みます。

 


f:id:tuberculin:20200628211824j:image

蓋をして10分ほど煮殺しにします。

 

 


f:id:tuberculin:20200628211814j:image

どこまで煮込めば完成なのか分かりませんが、おそらく完成です。

 

 


f:id:tuberculin:20200628211810j:image

多分ですけど、この写真を見て美味しそうと感じる人は、アルコール依存症だと思います。

 

 

料理研究家ブロガーさんに、おおまめとまめさんがいらっしゃいますけど、

www.oomametomame.com

 

彼女の料理ブログと私の料理ブログの決定的に違うところは、料理の見栄えです。彼女の料理はすごく彩り豊かで、目でも楽しめますけど、当ブログの料理はなんか全体的に黄土色ですからね。私がインスタをやっていないのも、つまりはそういうことです(*'ω'*)

 


f:id:tuberculin:20200628211821j:image

これって、味噌煮っていうか「どて煮」だよね。高架下の居酒屋の暖簾くぐったら何か出てきそうだもの。

 

 

 

終わりに…

キャベツから水分が滲み出てくることを考慮して、水は少なめでもいいかもしれません。

 

今後も当シリーズでは、微妙な失敗作を皆様にご提示することで1人でも犠牲者を少なくしていけるように精進してまいります。

 

当ブログのtwitterアカウントはこちら(フォロー待ってるんだから‥)

https://twitter.com/tuberculin0706

 

 

【スポンサーリンク】