日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

【ツベルクリンwalker】添乗員が徹底ガイド~宮地嶽神社(福岡県)~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tuberculin:20191027194601j:plain

【ツベルクリンwalker】は、様々な観光地を添乗員である私ツベルクリンが徹底的にガイドしていくシリーズ記事です。今回は、 福岡県福津市にある「宮地嶽(みやじだけ)神社」をご案内していきます。

 

前回の【ツベルクリンwalker】シリーズの記事はこちら

www.tuberculin.net

 

 

日頃は添乗員としての仕事で観光地を回っている私ツベルクリンでございます。今日からしばらくの間は、仕事とは離れて個人的に取材した福岡県の観光地をご紹介していきます。2019年10月にアウトローな都道府県である福岡県を回ってきました。

 

過去の福岡県の記事は

www.tuberculin.net

久留米の巨大仏であったり、

 

 

www.tuberculin.net

 かえるだらけのお寺であったり、ともかく異端な観光地が多いのです。

 

今回の取材旅行では、定番の観光地や今話題のスポットを押さえつつ、アウトローな観光地もご紹介していきます(全6回予定)。第1回目は福津市にある宮地嶽神社をご紹介していきましょう。

 

<目次>

 

 

 

宮地嶽神社の概要・アクセス

 

宮地嶽神社は福岡県福津市にあります。福岡県内では、太宰府天満宮、宗像大社と並ぶ神社で"福岡御三家神社"と勝手に呼んでいます。ご祭神は神功皇后(じんぐうこうごう)で、開運や商売繁盛にご利益があるとされています。

 

ここは、日本一大きなしめ縄があることで有名です。そして2016年にJALのCMで嵐がこの宮地嶽神社でロケをしたことで一躍有名になりました。

 

アクセスは、JR福間駅で下車後、タクシーで5分。もしくはバスで「宮地嶽神社前」下車。正月には臨時バスも出ています。

f:id:tuberculin:20191027195613j:image

今回はめんどくさいので車で来ました。結構デカい駐車場(無料)があります。まあ、正月三が日には埋まるんでしょうけど(正月期間中だけで参拝者数200万人。ってかほとんど正月にしか観光客来ませんが…)。

 

 

宮地嶽神社にお参りしよう!


f:id:tuberculin:20191027195619j:image

駐車場から境内までの案内図です。まあ結構歩かされるみたいです。駐車場無料だから許してやります。

 


f:id:tuberculin:20191027195626j:image

表参道です。朝っぱら(午前9時くらい)ですから人っ子一人いません。

 


f:id:tuberculin:20191027195616j:image

廃墟じゃないですよ。たぶん(*'ω'*)

 


f:id:tuberculin:20191027195629j:image

階段ですか~登りゃいいんだろ、登れば(*'ω'*)

 


f:id:tuberculin:20191027195633j:image

登り切りました。一直線です。遠くには玄界灘が見えています。実は、決まった時期にこの一直線上の海に夕日が沈む時期があるのです。

 

 

こんな感じ

f:id:tuberculin:20191028210946j:plain

出典:九州への旅行や観光情報は「九州旅ネット」で!

この時期は、石段は観覧席になります(無料席&有料席とある。無料席は当日整理券配布。有料席は事前の販売)。時期としては2月下旬と10月下旬です。2月はクソ寒いので、10月の方が人出が多いようです。

 

「光の道」と呼ばれています。これまではほとんど知られていなかったのですが、JALのCMで嵐が出演したころから知名度がアップしました。


JAL JAL先得「旅の出会い 光の道」嵐 大野智 櫻井翔 相葉雅紀 二宮和也 松本潤

当然ですが、晴れていないと見られません。雨女&雨男のはた迷惑な奴は、ぜひとも光の道時期には宮地嶽神社に近づかないでください(´・ω・`)。

 

 

今回の訪問は朝っぱらなので、皆様にご紹介できません。なので、読者の皆様におかれましては、ふなっしーで我慢して頂ければ幸いです。


f:id:tuberculin:20191027195636j:image

 


f:id:tuberculin:20191027195610j:image

神社と言えば、馬の銅像です。普通、たくましい姿の銅像を設置するような気がしますが、なんともリラックス状態の馬です。

 

 

f:id:tuberculin:20191027195712j:image

先へ進みます。

 


f:id:tuberculin:20191027195730j:image

嵐の5人が植えたのかな?

 

宮地嶽神社の境内図です。

f:id:tuberculin:20191028212702g:plain

赤文字ゾーンがご本殿エリア、青文字ゾーンが奥の院ゾーンです。とりあえず、ご本殿の大きなしめ縄を見に行きます。

 


f:id:tuberculin:20191027195724j:image

いよいよご本殿です。

 


f:id:tuberculin:20191027195722j:image

犬は連れてきちゃダメみたいです。ふなっしーはOKっぽいです。

 


f:id:tuberculin:20191027195727j:image

ご本殿です。2礼2拍手1礼でお参りしましょう。

 


f:id:tuberculin:20191027195717j:image

大きさは直径2.6m、長さ11m、重さ3トンです。私の家にあるしめ縄とほぼ同じ大きさですので、日本一のしめ縄です。

 


f:id:tuberculin:20191027195709j:image

しめ縄にお金を投げつけると願い事が叶う…的な俗説がありますが、正しくはありません。しめ縄に向かってお金を投げつけるなど失礼に当たります。皆様は、ぜひお金はしめ縄ではなく私に投げつけてください。

 

 

f:id:tuberculin:20191028213559j:plain

「嵐のライブに行けますように…」とか、完全に神様の管轄外な願いごとだと思うんですけど…。8人連名で書いていますが、嵐のコンサートはプラチナチケットなので全員当たることは無いと思います。3人だけ当たっちゃったりして、友情崩壊しないか心配です(´・ω・`)。

 

 

f:id:tuberculin:20191027200123j:image

おみくじ引かないと始まりません!!

 


f:id:tuberculin:20191027200104j:image

100円投入して引き出しの中から選びます。

 


f:id:tuberculin:20191027200119j:image

またなんとも言えない運勢です。これが「凶」とかならネタにもできたんでしょうけど…。

 

 

奥の院めぐり

f:id:tuberculin:20191027200127j:image

宮地嶽神社では、ご本殿をお参りした後、奥の院めぐりが楽しめます。楽しいかどうかは不明です。

 


f:id:tuberculin:20191027200116j:image

社務所に行くと奥の院スタンプラリー帳(無料)がもらえます。スタンプを集めれば根拠はありませんがきっとファンタスティックな道が開けるはずです!。

 



f:id:tuberculin:20191027200100j:image

ということで奥の院へ進んでいきましょう。

 

 

f:id:tuberculin:20191027200227j:image

もちろん、上り坂が膝を襲います。

 


f:id:tuberculin:20191027200219j:image

でも安心してください。途中にコンセプトが分からない微妙な品揃えの自販機があります。

 

奥の院は全部で8つのお社があり、これら全てお参りすると願いが叶うってスタンプラリー帳に書いてました!早速1番目のお社からお参りしていきます。

 

 

一の宮:七福神社


f:id:tuberculin:20191027200223j:image

その名の通り、商売繁盛の七福神をお祀りしています。7人の神様のお社としては狭い気がしますが、そういうの神様は気にしないはずです。

 

さて、お参りした後はスタンプ押しましょう。
f:id:tuberculin:20191027200238j:image

あれ?スタンプ無いんですけどそれは…。スタンプラリー帳はあってスタンプは無いとは何かの宗教でしょうか?ってか、スタンプ無いならさっきの社務所の巫女さん『スタンプ無いですがよろしいですか?よろしくないですよね、』とか言ってよ(*'ω'*)

 

 

 

二の宮:稲荷神社


f:id:tuberculin:20191027200230j:imageその名の通り、お稲荷さんを祀ってある神社です。さすがお稲荷さん、鳥居が乱立しています。

 


f:id:tuberculin:20191027200214j:image

お社の両サイドにはキツネさん。

 


f:id:tuberculin:20191027200235j:image

ここにもスタンプ置いていません。じゃあ何のためのスタンプラリー帳無料配布なんだよ。

 

 

三の宮:不動神社

 

f:id:tuberculin:20191027200325j:image

不動さまとは、怒った表情で常に炎上している仏様です。その炎上パワーで災いを遠ざけてくれるのです。ちなみに、神社なのに仏さまがいるわけですが、もともと日本は江戸時代まで神様も仏さまも一緒という思考(神仏習合:しんぶつしゅうごう と言う)であったので、こちらのように神社に仏さまがお祀りされているケースもあります。

 


f:id:tuberculin:20191027200315j:image

これほど旗が立っているのを見たら、大相撲の巡業を思い出します。

 


f:id:tuberculin:20191027200308j:image

 

 

四の宮:万地蔵尊(よろずじぞうそん)

 

いわゆるお地蔵様をお祀りしてあるお社です。もちろん、地味すぎて一度通り過ぎちゃったとかそんな失礼なこと私が犯すわけがありません(*'ω'*)。

 


f:id:tuberculin:20191027200318j:image

よく見えませんが中にお地蔵さまがいらっしゃるはずです。

 

 

四の宮淡島神社&五の宮濡髪大明神


f:id:tuberculin:20191027200339j:image

淡島さまと濡神大明神さまは、恋をかなえてくれる神様とのことです。

 



f:id:tuberculin:20191027200321j:image

ハートの形をした祈願神(社務所で200円販売)をこれまたハートの形をしたボードに結び付けて恋愛成就を願います。クソみたいな試みです、

 


f:id:tuberculin:20191027200305j:image

#宮地嶽神社"って、インスタ奨励みたいです。神社も最近の流行には敏感です。

 

 

六の宮:三宝荒神 

 

f:id:tuberculin:20191027200431j:image

三宝荒神(さんぽうこうじん)には、かまどの神様がいらっしゃいます。火事にならないよう、火除けの神様として知られています。twitterの炎上防止にも効くかもしれません。

 


f:id:tuberculin:20191027200443j:image

 

そして、意図は不明ですが鶴がいます。
f:id:tuberculin:20191027200439j:image

なんともまあ、たくましさ0のアニメ感あふれる鶴です。さきほどの馬の銅像といい、宮地嶽神社はたくましさとは無縁のようです。

 

 

七の宮:水神社


f:id:tuberculin:20191027200435j:image

水の神様をお祀りしています。ここから地下水があふれ出しているみたいです。

 


f:id:tuberculin:20191027200458j:image

確かに地下水が湧き出ていますが、これをインスタ映えさせる意味が分かりません。もしかすると、宮地嶽神社サイドはインスタをよく分かっていない疑惑が浮上してきます。

 

 

八の宮:薬師神社


f:id:tuberculin:20191027200454j:image

お薬や医療の力で人々を病気から救う神様です。これで奥の院巡りは終了です。八つお社を回りましたが、スタンプはどこにも置いてありませんでした。



f:id:tuberculin:20191027200501j:image

私が帰っていると奥の院エリアに巫女さんが出勤なさっていました。もしかすると、巫女さんがスタンプを持っていたのかもしれません。出勤時間より先に私がお参りしちゃったのが悪かったかもしれません。

 

ただ、それなら社務所の巫女さんは『まだ、奥の院の巫女さんは出勤してないのでスタンプ無いですよ~』って言ってくれればいいのに。きっと社務所の巫女さんは私を見て『スタンプまだ置いてないけど、こんなやクソみたいなやつ、勝手に回らせとけばいいし(笑)』と思ったのでしょう。


f:id:tuberculin:20191027200446j:image

ぜひ、皆様も宮地嶽神社にお参りにお越しになり、私の代わりにスタンプラリーを完成させてくださいね!

 

次回は交通安全の神様、宗像大社をご案内していきます♪

 

当ブログ公式twitterはこちら

ツベルクリン@現役添乗員 (@tuberculin0706) | Twitter

 

はてなブックマーク、コメント大歓迎です♪

 

 

 

 

【スポンサーリンク】