日常にツベルクリン注射を‥

現役の添乗員、そしてなおかつ社会科の教員免許を所持している自分が、旅行ネタおよび旅行中に使える(もしくは使えない)社会科ネタをお届けするブログです♪

【スポンサーリンク】

【保存版】『ブラックジャック』(手塚治虫著)全話分の手術代(治療費)請求額まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:tuberculin:20200605204031j:plain

 

 

私の好きな漫画は手塚治虫先生作の『ブラックジャック』です。

f:id:tuberculin:20200605204247j:plain


出典:https://tezukaosamu.net/

 

『ブラックジャック』とは、ブラックジャックという無免許の天才医師が活躍する医療ドラマ漫画です。手塚先生が1973年より連載を開始した漫画で、以後10年渡って連載。現在まで多くのファンを生み続けている不朽の名作漫画です。

 

 

ブラックジャックの特徴は、無免許のくせに(むしろ無免許だからこそ)医師連盟の規定した手術料を大きく逸脱した手術料をぼったくる点です。それは時として数千万円や数億円にものぼる金額です。

 

一方で、ほとんど無料に近い手術料を請求している時もあります。規定に則った料金体制ではないので、ブラックジャックの主観で値段が決められるのです。

 

今回は、私が『ブラックジャック』全話(大人の事情で未収録分は除いた218話分)を読み、手術代の請求額を調べてその傾向をまとめました。この記事を書き上げるのに1週間かかりました(∩´∀`)。

 

全話を調査した結果、ブラックジャックの手術代請求のパターンとしては、大きく分けて5パターン存在することが分かりました。

  1. 手術代を請求し、その額が判明しているパターン
  2. 患者側が金額を提示しているパターン
  3. 手術代の額が不明なパターン
  4. 手術代を請求していない(無料治療)パターン
  5. そもそもブラックジャック本人が手術をしていないパターン


 

1に関してはさらに細分化できます。

  • ①ボッたくってるパターン
  • ②ほぼ無料みたいな値段パターン
  • ③金ではなく物を請求したパターン

 

今回はパターンごとに分類し、彼の手術代請求の傾向を見ていこうと思います。

なお、今回の記事は文字数1万4000字を超えた長編です。気軽な気持ちで読もうとしたらかなりの時間を消費しますのでお気を付けください。

 

 

<目次>

 

 

 

 

『ブラックジャック』のキャラクター紹介

 

まずは、『ブラックジャック』に出てくる主要キャラを紹介しておきます。

 

 

〇ブラックジャック

f:id:tuberculin:20200605211007p:plain

出典:https://anime.dmkt-sp.jp/

主人公。無免許の天才外科医。基本的には、高額な手術料を請求する。独身。幼少期に不発弾爆発事故に巻き込まれ母親を亡くし、自身も大けがを負ってしまう。顔がツギハギなのは、その時のケガが原因。

 

〇ピノコ

f:id:tuberculin:20200605211513p:plain

ブラックジャックの助手。元々は患者だった。ピノコ自身は自分のことを『ブラックジャック先生のおくたん(奥さん)』と勝手に思っている。

 

〇本間丈太郎

ブラックジャックが不発弾の爆発に巻き込まれた際、治療に当たった医師。ブラックジャックが唯一尊敬している医師。

 

〇ドクターキリコ

ブラックジャックのライバル的存在の医師。すぐに患者を安楽死させようとする。たまに、ブラックジャックと協力し合うこともある。

 

 

では、早速パターンごとに分類していきましょう。

 

【スポンサーリンク】

   

 

 

〇手術代を請求しており、その額が判明しているパターン 

以下分類していきます。各話のタイトルと請求額などを記載しています。

 

①ボッたくっているパターン

 

『からだが石に…』

100万リラ(イタリアにて)

 

『目撃者』

爆発テロで視力を失った女性が患者。その女性が唯一の目撃者のため、手掛かりが欲しい警察は、全捜査費用3000万円をそのまま手術代に。

f:id:tuberculin:20200602211325j:image

 出典:『目撃者』より

 

『ある教師と生徒』

先生と生徒が患者。手術代を1000万円と言われた先生は、自分が死んでその保険代で生徒の手術代を支払おうとし車にわざとはねられたが、結局ブラックジャックに助けられる。

 

f:id:tuberculin:20200602214744j:image

出典:『ある教師と生徒』より

 

 『U-18は知っていた』

コンピューター(今でいうAIみたいな機械)が患者。300万ドル(日本円で10億円らしい)の請求。

 

『ふたりの黒い医者』

患者を安楽死させるドクターキリコとの対決。請求額は100万円。なお、手術は成功するものの、そのあと患者は交通事故で死んでしまう。

 

『えらばれたマスク』

愛人と逃げてしまった父親と再会する話。愛人が病気になってしまい顔が崩れてしまったので、その愛人の美容整形代として7000万円請求。

f:id:tuberculin:20200602222430j:image

 出典:『えらばれたマスク』より

 

『身代わり』

植物状態の大病院の院長のフリをしてブラックジャックが手術する話。手術料150万ドルの請求。

f:id:tuberculin:20200602225929j:image

出典:『身代わり』

 

『奇妙な関係』

強盗犯とそれを追っていた警部が患者。強盗犯が奪った1億円をそのまま手術代として請求。その1億円をのちに警部に返す。

 

『てるてる坊主』

紆余曲折あって町医者にブラックジャックが雇われる話。4000万円の手術代を患者に請求し、そのうち1000万円を町医者に渡す。

f:id:tuberculin:20200602233250j:image

 出典:『てるてる坊主』より

 

『灰色の館』

大やけどした男性の手術。1億5000万円の請求。

f:id:tuberculin:20200602233204j:image

出典:『灰色の館』より

 

『ネコと正造と』

地すべり事故で頭が狂ってしまった(猫を家族と思い込むようになった)男性の手術。事故の原因を作った土地会社に2500万円の請求。

 

『戦場ヶ原のゴリベエ』

サルに指を噛まれた子供が患者。300万円の請求。 

 

『ピノコ西へ行く』

クル病の患者。2000万円請求。

 

『もらい水』

ある町医者の母親が患者。1000万円請求。そしてこの名言。

f:id:tuberculin:20200603000406j:image

 出典:『もらい水』より

 

『のろわれた手術』

ミイラ発掘調査中の落盤事故での負傷者が患者。4000万円の請求。

 

『リンチ』

大金持ちの娘が患者。15万ドル請求。

 

『海賊の腕』

高校生の鉄棒選手の手術。800万円を出世払いで請求。

 

『誘拐』

大統領の手術。20万ドル請求。

 

『本間血腫』

ブラックジャックの命の恩人、本間医師が発見した病気にまつわる話。7000万円の請求。

 

『通り魔』

ミサイルによる"かまいたち"の被害の話。ミサイル基地へ見舞金や治療費等総額1000万ドルの請求。

 

『土砂降り』

小学校の裏側の崖が土砂崩れし、生徒と先生が生き埋め。村に1億円の手術料請求。

 

『身代金』

警察の銃撃により負傷した誘拐犯と誘拐した子供(病気になってしまった)が患者。奪い取った身代金代1000万円をそのまま手術代として要求した。

 

『おばあちゃん』

数多くの作品の中でも1位、2位を争う名作。母親の治療費としてその息子に3000万円を請求(実際に受け取ったかどうかは不明)。

 

f:id:tuberculin:20200603024000j:image

 

f:id:tuberculin:20200603024027j:image

 

出典:『おばあちゃん』より

 

『魔王大尉』

軍人の治療。請求額は100万ドル。

 

『曇りのち晴れ』

銀行の頭取が患者。3000万円の請求。そのお金で自殺志願者の毒薬を購入した。

f:id:tuberculin:20200603215501j:image

 出典:『曇りのち晴れ』より

 

『ハリケーン』

10万ドルの請求と思われる。

 

『霧』

遭難した少女が患者。もともと病気持ちの少女で、その両親に3000万円の請求があったもよう(なお、断られた様子)。

 

『人面痩』

二重人格の患者。500万円~3000万円というアバウトな料金提示。

f:id:tuberculin:20200603215412j:image

出典:『人面痩』より

 

『肩書き』

ブラックジャックの手術を見るために来日した外国の皇帝が連れてきた患者の手術。3000万円請求。

 

『火と灰の中』

火口に落ちた社長の息子が患者。2000万円の請求。

 

『デベソの達』

化石掘り少年が患者。300万円の請求。

 

『終電車』

後述する『ブラック・クイーン』の女医との後日談。女医の勤める病院に対し手術料1億円請求。

 

『ちぢむ!』

体が縮んでしまう謎の病気に関する話。請求額は3000万円。

f:id:tuberculin:20200604002019j:image

出典:『ちぢむ!』より

 

『ミユキとベン』

不良男子学生が病気の少女に恋する話。500万円の請求。

 

『化身』

50万ドルの請求。馬の脳を人間に移植する話。

 

『小さな悪魔』

妊婦の手術。2000万円の請求。

f:id:tuberculin:20200604002003j:image

出典:『小さな悪魔』より

 

『昭和新山』

岩に腕が挟まって抜けなくなった男の腕を切断。切断料として300万円請求。

 

『かりそめの愛』

手術料として1000万円請求。

 

『フィルムは二つあった』

映画監督の息子が患者。5000万円の請求。

f:id:tuberculin:20200606123723j:image

出典:『フィルムは2つあった』

 

『ご意見無用』

親分の息子が患者。5000万円を請求。

 

『地下水道』

少年たちの爆弾テログループのリーダーが患者。5000万円の請求。

f:id:tuberculin:20200604210431j:image

出典:『地下水道』より

 

『未知への挑戦』

宇宙人が患者。20万ドル請求したものの、宇宙人がお金の概念が分からず未回収。 

 

『こっぱみじん』

敗戦必至の国の将軍のボディーガード代として150億円。漫画内においては最高請求額。

f:id:tuberculin:20200604210412j:image

出典:『こっぱみじん』より

 

『白い正義』

50万ドルの手術代を約束した患者が他の正義感あふれる医者に取られてしまう話。しかし、その患者は実は裏社会の人間だった。

 

『裏目』

映画会社の悪だくみにより負傷した黒人の少年が患者。治療費総額20万ドルを請求し、うち10万ドルを負傷した少年の家族に渡している。

 

『アナフィラキシー』

アメリカの軍人の息子が患者。1000万円請求。

 

『猫上家の人々』

資産家を乗っ取るために整形手術をした夫婦の話。整形手術代を取り立てるために訪問したところから話が始まる。手術代は5000万円。

 

『台風一過』

台風が襲う中、アイドル歌手の妊娠中絶手術。1億5000万円請求したが、患者側は支払いを拒否。

 

『オペの順番』

負傷したイリオモテヤマネコ、赤ちゃん、代議士の先生が患者。赤ちゃんには3000万円、代議士には1000万円請求。

f:id:tuberculin:20200604234938j:image

 

出典:『オペの順番』より

 

 

<総評>

以上49話分です。49話のうち、日本円で請求しているのが37話、外国のお金で請求しているのが12話あります。ブラックジャックは日本人ですが、呼ばれたらどこへでもかけつけますので、現地のお金で請求することもあります(もしくは国際通貨の米ドルで)。

 

連載していたのは40年以上前の話なので、外国の通貨で請求した話に関しては、当時のレートが分かりませんので(連載開始段階ですでに変動相場制へ移行)今回は、日本円で請求した回だけをピックアップし請求平均額を調べました(『U-18は知っていた』では、300万ドル=10億円、という描写があるので平均値計算に含めました)。

 

すると、およそ4億4764万円という結果になりました。(請求額が500~3000万円というあいまいな『人面痩』 の回については3000万円で計算)。ただこの計算には『こっぱみじん』回の150億円が含まれています。これを除くと、6302万円と平均値はぐっと下がります(まあ、それでもボッタくりなんですけど)。

 

すなわち、ブラックジャックに手術を依頼しようとしたら、6000万円ほど準備しておけば、十分かと思われます。

 

 

 

②ほぼ無料みたいな値段パターン

『上と下』

社長と工事現場の労働者が同じ血液型だったので、互いに輸血し合い助け合う話。ブラックジャックは手術代として5000万円請求したが、後から4990万円の"おつり"を渡した。

 

『人形と警官』

警察官を治す話。交通違反を見逃してくれたお礼に手術。警察官が大切にしていた人形の修繕代として15万円請求。

f:id:tuberculin:20200602222451j:image

 出典:『人形と警官』より

 

『お医者さんごっこ』

妹のため兄がブラックジャックの振りをする話。振りをしているところにブラックジャックが現れる。手術代は"タダみたいな料金"。

 

『ある女の場合』

肝硬変の女性を手術する話。手術代は"ラーメン1杯分のお金"。

f:id:tuberculin:20200602233219j:image

出典:『ある女の場合』より

 

『気が弱いシラノ』

ただ顔に包帯を巻いただけ。請求額は1000円。

f:id:tuberculin:20200603003109j:image

出典:『気が弱いシラノ』より

 

『悲鳴』

声帯ホリープの手術。患者のおじいさんがブラックジャックの恩師だったのでサービス料金1000円。

f:id:tuberculin:20200603003026j:image

出典:『悲鳴』より

 

『浦島太郎』

55年間植物人間状態の患者の手術。ブラックジャック自身が興味ある手術であり、手術料は珍しく言い値でOKとのこと。手術は成功するがすぐに死んでしまう。

 

『がめつい同士』

一家心中を図った家族3人が患者。3人まとめて30円の請求。

 

『ハローCQ』

筋ジストロフィーの少年が患者。最初は4000万円の請求だったが、患者の友人が手術代を肩代わりすることになり、100円に値下げ。

 

『すりかえ』

産婦人科で赤ちゃんをすり替えた話。手術代は3年前の話なので100円。

f:id:tuberculin:20200603224152j:image

出典:『すりかえ』より

 

『密室の少年』

足が不自由な少年が患者。月10円×80年ローン=9600円の請求。ただ、紆余曲折あり少年の母親から手術を断られる。

f:id:tuberculin:20200604210442j:image

出典:『密室の少年』

 

『腫瘍狩り』

レーザーでがん細胞を消滅させる医療機器に関する話。しかし、医療機器は不完全なものであったためブラックジャックに手術を依頼。手術の礼は"レーザー医療機器は不完全である"と世間に公表すること+1500円

f:id:tuberculin:20200604223842j:image

 

f:id:tuberculin:20200604223854j:image

出典:『腫瘍狩り』

 

『きたるべきチャンス』

ノーベル賞を受賞した医者が患者。ノーベル賞の賞金15万クローナ(スウェーデンの通貨単位)を請求するが、のちに受賞のお祝いとして14万9990クローナを渡す。

f:id:tuberculin:20200604234955j:image

 出典:『きたるべきチャンス』より

 

 

 

<総評>

以上13話分です。このパターンには2種類あって、「最初から数百円くらいしか請求しない回」と「最初は高額の請求をしておいて、後でそのほとんどを患者に返す回」のどちらかに分けられます。

 

ブラックジャックが世話になった人(もしくは世話になった人の身内)には、その恩で手術代を安くすることもあります。もし、街中で顔面ツギハギだらけの黒マントを羽織った男性を見かけたら全力で親切にしましょう。

 

 

③金ではなく物を請求したパターン

『二つの男』

寿司職人の腕をつなげる手術。手術代は「美味しい寿司を食べさせること」

 

『タイムアウト』

交通事故に巻き込まれた赤ちゃんを救う手術。請求額は5000万円→赤ちゃんの持っていた風車

 

『奇胎』

流産しかけている母親を手術。手術のお礼はお腹の中の赤ちゃんを包んでいた石の殻。

 

『鳥たちと野郎ども』

鳥好きな少年が患者。少年が祖父から譲り受けた300エーカーの土地が手術代。

 

『三者三様』

警察の近くでガス管が爆発しケガ人多数。医師免許不保持で警察捕まっていたブラックジャックだったが、「無罪放免してくれるなら手術する」という約束を警察を交わす。

 

『あるスターの死』

歳をとった昔の銀幕スターの美容整形手術。持参金500万ドル

 

『絵が死んでいる』

画家が患者。画家が最後に描いた絵と引き換えに手術する手はずになった。

 

『二人目がいた』

ブラックジャックが幼少期巻き込まれた不発弾爆発事故の責任者へ復讐する回。復讐の対象が病人のため、代わりに娘の臓器を提供することを条件に手術。

 

『獅子面病』

警察官の息子を手術。成功したらブラックジャックに医師免許を授与するという条件で手術。

 

『にいちゃんをかえせ!』

スタントマンの手術。ピノコが主治医。手術代の代わりに怪獣の着ぐるみをもらった。

 

『春一番』

目の病気の少女が患者。手術代の代わりに少女の親が経営する居酒屋で1か月間飲み食い無料。

 

『山猫少年』

山猫に育てられた少年の話。少年を育てた山猫が患者。魚2匹がお礼の品。

 

『ゴーストタウンの流れ者』

逃亡犯が患者。手術代の代わりに馬をもらう

 

『闇時計』

アフリカにすむ原住民が患者。1000万円級のダイヤの原石がお礼。

 

『アヴィナの島』

手術代の代わりに島を渡すことを約束。

 

『戦争はなおも続く』

戦争で負傷した兵士が患者。母親の全財産である5万ドル相当の宝石を提示。

 

『B・Jそっくり』

ブラックジャックと同じように手術代をぼったくる黒松という医師の話。その医師が交通事故にあってしまう。手術代の代わりに、黒松医師の受け持つ患者を病院に入院させることが交換条件。

 

 

<総評>

以上17話分です。ブラックジャックが請求するのは何もお金だけではありません。宝石や島など物も請求対象です。

 

彼は無免許医者なので、よく警察にそれを咎められ逮捕されます。その時に怪我人や重病人が発生すると、無罪放免を条件に手術したりもします。

 

【スポンサーリンク】

   

 

〇患者側が手術代を提示しているパターン

 

『コマドリと少年』

コマドリの世話をしていた少年が患者。手術代はコマドリが運んできた238円。

 

『海は恋のかおり』

刺青を消す話。患者は200万円持参。

 

『空からきた子ども』

ウラン連邦(架空の国)から脱出してきた軍人の息子が患者。軍人の有り金全部が礼金(200万ドル)

 

『研修医たち』

ブラックジャック自身は手術せず、大学病院の研修医たちの手術を見守るだけ。見守り料として研修医は30万円持参。

 

『雪の夜ばなし』

飛行機事故で死んだ幽霊の母親が患者。3000万円を持参してきた。

 

『ふたりのジャン』

ドイツから来た双生児の患者。持参金30万マルク。

 

『されどいつわりの日々』

素人を植物状態のアイドルに整形する話。患者側の持参金2億円。

 

『おとうと』

ある兄弟の話。弟の依頼で兄の手術をブラックジャックに依頼。弟側から2000万円の提示。

 

『犬のささやき』

飼い犬に死んだ彼女の声を出させるようにする手術。持参金300万円。

 

『恐怖菌』

細菌兵器により感染した患者を手術。相手側より手術代1億円の提示。

 

『海のストレンジャー』

強盗団の一味が患者。治せば奪った金を分けてやるという提示を受ける。 

 

『命を生ける』

生け花の家元が患者。患者の父親から3億円の提示。

f:id:tuberculin:20200604223921j:image

 出典:『命を生ける』より

 

『20年目の暗示』

ブラックジャック自身が精神的な不調により指が思うように動かせなくなる話。それでも、暴力団の患者より手術料5000万円の提示を受け引きうけている。 

 

『コルシカの兄弟』

サーカスの演者(双子)が患者。サーカスの団長から手術代1000万円の提示。

 

 

<総評>

以上14話分です。ブラックジャックが高額な手術代を請求することは周知の事実のようで、患者の方から金額の提示を行うこともあります。

 

 

 

 

〇手術代の額が不明なパターン

 

『閉ざされた三人』

地盤沈下によりデパートが崩壊。エレベーターに怪我人とともに閉じ込められる。手術代はデパート側に請求予定(請求額は不明)

 

『はるかなる国から』

請求の描写無し。

 

『幸運な男』

整形手術。金銭の支払いはあったが額は不明

f:id:tuberculin:20200602203841j:image

出典:『ブラックジャック』幸運な男より

 

『二度死んだ少年』

死刑囚が患者。お偉いさん医者の身代わりとして手術。お偉いさんより礼金をもらっていると思われるが支払額は不明。

 

『ダーティー・ジャック』

ブラックジャックが幼稚園バスとともにトンネル落盤事故に巻き込まれた話。手術代に関する描写無し。

 

『ピノコ・ラブストーリー』

ピノコのお友達が患者。手術は成功したが、手術代に関する描写無し。

 

『弁があった!』

ドクターキリコの父親が患者。手術代を前払いで請求しているようだが額は不明。

 

『その子を殺すな』

特殊能力で体を切らずに手術する超能力者「ハリ・アドラ」との対決。手術はしたが手術代の請求があったのかどうかは不明。

 

『なんという舌』

そろばんを舌ではじく天才少年の話。手術代の請求があったかどうかは不明

 

『鬼子母神の息子』

誘拐犯のケガを治す話(ついでに人相まで)。お金の請求があったと思われる描写はあるが、具体的な金額は不明。

 

『盗難』

ブラックジャックが作った義足義手が盗まれる話。手術代に関する言及なし。

 

『ある老婆の思い出』

倒れた妊婦と赤ちゃん、そして看護師にまつわる話。ブラックジャックが手術したが、手術代に関する描写無し。

 

『針』

折れた注射針が患者の体内で行方不明になる話。手術代に関する描写無し。

 

 『医者はどこだ!』

交通事故を起こした金持ちの不良息子が患者。かなりの大金を請求した模様だが具体的な額は不明。なお、アニメでは30憶円の請求となっていた。

 

『帰ってきたあいつ』

心臓病の不良高校生が患者。数千万円の請求があったものと思われる(詳しい額は不明)

 

『鯨にのまれた男』

タイトル通り鯨にのまれてしまった船員を手術した話。手術代に関する描写無し。

 

『赤ちゃんのバラード』

コインロッカーに捨てられていた赤ちゃんにまつわる話。手術料に関する描写無し。

 

『ペンをすてろ!』

漫画家の女性が患者。恋人が腎臓を分けてくれた。手術代に関する描写無し。

 

『病院ジャック』

ブラックジャックが手術を行っていた病院がテロリストに占拠される話。手術代に関する描写はなし。

 

『復讐こそわが命』

ブラックジャックを爆弾犯と勘違いしている少女が患者。手術代に関する具体的な言及は無し。

 

『白いライオン』

動物園のライオンが患者。手術代の請求に関する描写無し。

 

『ナダレ』

ナダレという鹿の手術。鹿の飼い主に対し金銭の請求があったかどうかは不明。

 

『白い目』

大病院から要請されての手術。金銭の請求については不明。

 

『とざされた記憶』

記憶喪失の患者。具体的な金銭のやり取り額については不明。

 

『命のきずな』

航空事故にあった母親と赤ちゃんが患者。手術代は航空会社に請求予定。 

 

『イレズミの男』

全身イレズミのヤクザが患者。具体的な手術料に関する言及は無し

 

『誤診』

学友の医者の手術に立ち会う。謝礼を渡されている描写はあるが、額は不明。

 

『ストラディバリウス』

指が凍傷になってしまったバイオリニストが患者。手術代に関する具体的な描写無し。

 

『スター誕生』

美容整形手術の話。具体的な金銭については不明。

 

『白葉さま』

体の皮膚が鱗のようになる病気の話。具体的な金銭については不明。

 

『道すがら』

ブラックジャックを襲った強盗が患者。奪った全額を返還することを要求。具体的な金額は不明。

 

『振動』

患者へは請求なし。原因を作った国鉄(現在のJR)へ見舞金を請求予定だが、額は不明。

 

『ふたりのピノコ』

ピノコそっくりの公害病に苦しむ少女が患者。公害の原因を作った工場に手術代を請求予定(金額は不明)

 

『家出を拾った日』

競馬選手志望の少年の恩師が患者。手術代は、少年の出世払い。額は不明。

f:id:tuberculin:20200603224133j:image

出典:『家出を拾った日』より

 

『奇形脳腫』

ピノコ誕生にまつわる話。手術代に関する描写無し。

 

『殺しがやってくる』

ブラックジャックが手術予定の大統領に反対する暗殺者がブラックジャックを殺しにやってくる話。大統領からいくら礼金をもらっているかは不明。

 

『未来への贈りもの』

お互いに病気を持つ夫婦が、未来の医学の発展に期待して冷凍冬眠する話。金銭に関するやりとりは無し。

 

『短指症』

手術代を請求した描写はあるが、額は不明。

 

『奇形脳腫パート2』

手術代に関する描写無し。 

 

『再会』

交通事故で記憶を失ってしまった女性が患者。轢いてしまった男性が手術代を稼ぐ描写はあるが、具体的な額は不明。

 

『もう一人のJ』

ブラックジャックそっくりな男性が患者。具体的な額は不明。

 

『消え去った音』

空港の騒音問題に関する話。手術代は空港側に請求予定。額は不明。

 

『流れ作業』

流れ作業で診察する医者の娘が患者。医師の財産全てが手術代とあるが、具体的な額は不明。

 

『なにかが山を…』

狂犬病の少年が患者。手術代は狂犬病の原因となった犬の飼い主に請求予定。額は不明。

 

小うるさい自殺者

自殺志願者にまつわる話。手術代に関する具体的な描写無し。

 

『話し合い』

不良生徒と不暴力主義の教師の話。手術代を請求している描写があるが、具体的な額は不明。

 

『刻印』

ブラックジャックの小学生時代の親友(現在では裏社会のボス)の指紋を変える手術。手術代を渡す描写はあるが額は不明。

 

『過ぎ去りし一瞬』

長編作品。手術代を請求する描写はあるが額は不明。

 

『純華飯店』

日本在住の中国人の老人が患者。手術代請求の描写はあるが額は不明。

 

『光る目』

緑内障の少年が患者。手術代請求の描写はあるが額は不明。

 

『浮世風呂』

ブラックジャックも通う銭湯で起きた事件の被害者(男子高校生)が患者。手術代の請求があったかどうかは不明。

 

『あつい夜』

ハワイの牧場主が患者。命を狙われている。手術代を受け取っている描写はあるが額は不明。

 

『侵略者』

周りの人達を侵略者(インベーダー)と思い込む少年が患者。手術料に関する具体的な言及は無し。

 

 

<総評>

以上53話分です。このパターンにはいくつか種類があります。

  • 実際に金銭のやり取りをする描写があるが額は不明
  • ブラックジャックから手術代を請求する旨のセリフが発せられている
  • 手術代に関する描写が一切無い 

 

ブラックジャックは高額な手術代を請求するイメージがありますが、実は漫画の中では全くお金について触れられていない回も数多くあります。

 

病気でブラックジャックの元を訪れる場合は、手術代に関する契約を結ぶ時間があります。しかし、事故等で負傷し一刻も早く治療が必要な場合は、手術代に関する話なんかせずに治療にあたるケースが多いようです。

 

 

 

〇手術代を請求していない(無料治療)パターン

 

『シャチの詩』

手術相手がシャチのため手術代請求無し。

 

『ときには真珠のように』

患者が恩師(本間丈太郎先生)だたっため請求はなし

 

『ピノコ愛してる』

ひき逃げ出された子供が患者(親はがめつい関西人風)。220万円が手術代だったが、命を救えなかったので支払いなし

 

『めぐり会い』

ブラックジャックの過去の恋愛話。恋愛相手が患者なので手術代請求なし。

 

『焼け焦げた人形』

ヤクザの父親から息子へ皮膚移植する話。おそらく請求なし。

 

『勘当息子』

農家の四男坊の母親が患者。家に泊めてもらったお礼に手術。

 

『ブラック・クイーン』

女版ブラックジャックと呼ばれている女医との話。クリスマスイブだったので、手術代の請求はなし。

 

『死への1時間』

安楽死させる医者ドクターキリコとの話。冗談でブラックジャックがキリコに手術代を請求しようとするセリフが。

f:id:tuberculin:20200602225850j:image

 出典:『死への1時間』

 

『ハッスルピノコ』

ピノコが大学入試を受ける話。入試途中に体調を崩し、ブラックジャックが治療した。患者がピノコなので手術代請求なし。

 

『サギ師志願』

川崎病の子供を治す話。3000万円の請求をしたものの、実際には受け取っていない。 

 

ディンゴ

動物に寄生する寄生虫の話。ブラックジャックが自分自身の体を手術したので、金銭のやり取りなし。

 

『ガス』

ピノコが間違って青酸カリを飲んでしまう。それを取り出す手術。患者がピノコなので請求なし。

 

『湯治場のふたり』

ブラックジャックが鍛冶師のところへメスを買いに行く話。鍛冶師が倒れてしまい、手術するも蘇生せず。請求なし。

 

『約束』

指名手配犯が患者。手術後、その犯人は死刑になってしまう。命を助けられなかったので手術料は辞退。

 

『しめくくり』

小説家が患者。ブラックジャックが小説の続きを読みたくなったのでサービスで手術。

 

『ホスピタル』

友人の医者の手術の手伝い(という名目。手術はほとんどブラックジャック本人がやった)のため、手術料請求なし。

 

『虚像』

小学生時代の恩師が患者。手術料請求なし。

 

『二人三脚』

ブラックジャックに1億円支払うように脅迫した少年とその父親が患者。1億円の脅迫を取り下げる事で、それを手術代の代わりとした。

 

『助け合い』

冤罪で捕まったブラックジャックの無実を証明した日本人が患者。その時のお礼代わりに無料で手術。ちなみに、手術するために患者が入院している病院を20億円のポケットマネーで購入。

 

『けいれん』

ブラックジャックの右手が手術中にけいれんしてしまう話。恩師のおかげで治ったので、手術料の請求は無し。

 

『落とし物』

患者の旦那が手術料3000万円分の小切手を紛失してしまう話。その後見つかった模様。紆余曲折あって、おそらく手術料の請求はしていないと思われる。

 

『地下壕にて』

地下シェルターに社長たちとともに閉じ込められる話。メスを使って配線を切りシェルターのドアを開けた。金銭の受け渡しなし。

 

『老人と木』

ケヤキを大切にする老人の話。手術代の請求は無し。

 

『電話が三度なった』

ピノコが誘拐される話。手術代の請求は無し。

 

『ピノコ還る』

ブラックジャックの家に盗みに入った泥棒が患者。いつもとは逆で金を渡して治療後すぐに出ていかせた。

 

『満月病』

ブラックジャックが通う喫茶店の店員が患者。実はその患者は恩師である本間先生の娘さん。手術料の請求は無し。

 

『オオカミ少女』

泊めてくれたお礼に手術。請求は無し。

 

『一匹だけの丘』

負傷したブラックジャックを病院に運んでくれた熊が患者。相手が熊なので手術料の請求は無し。

 

『骨肉』

ブラックジャックを捨てた父親とその愛人にまつわる話。ブラックジャック自身が負傷してしまうが自分で手術した。

 

『99.9パーセントの水』

ドクターキリコが患者。手術代請求は無し。

 

『ピノコ生きてる』

ピノコが白血病になってしまう話。ピノコが患者なので手術代の請求は無し

 

『動けソロモン』

プールでおぼれたピノコを助けたアニメーターが患者。助けてくれたお礼なので無料

 

『後遺症』

プロ野球選手が患者。3500万円請求したが、のちに全額返却した。

 

『ブラックジャック病』

"ブラックジャックにしか治せない"くらい難病なことから病気の名前が付けられた。手術料請求無し。

 

『やり残しの家』

ブラックジャックの家を建てた大工が患者。手術代請求無し。

 

『モルモット』

モルモットとモルモットを可愛がる病気の少年が患者。患者がブラックジャックの幼少期に似ていた子だったので手術代請求無し。

f:id:tuberculin:20200604012110j:image

出典:『モルモット』

 

『激流』

渡し守の妊婦をイカダの上で帝王切開。手術料請求無し。

 

『灰とダイヤモンド』

金持ち老人の身体に30億円分のダイヤモンドを埋める手術。だが、ブラックジャックはダイヤは埋めずに、それを丸ごと老人ホームに寄付した。

 

『山小屋の一夜』

妊婦さんを帝王切開した手術。手術代の請求無し。

 

『山手線の哲』

指を切られたスリの手術。手術代の請求無し。

 

『クマ』

マタギ(熊の猟師)が患者。患者はブラックジャックの同級生の兄。手術代の請求は無し。

 

『人間鳥』

足が不自由な少女に羽を付け、そのあと完全な鳥へと整形手術した話。患者がブラックジャックの死んだ母親にそっくりだったので、手術代の請求は無し。 

 

『音楽のある風景』

音楽をかけながら手術をする医者が患者。ブラックジャックも凄いと思う医者であったので、手術代は無料。

 

『木の芽』

体から葉っぱが生えてくる少年の手術。少年の兄が貯金全額(3万2000円)を支払う提示をしたが、ブラックジャックは「この金で何か買ってやりな」とあとで返金している。

 

 『夜明けのできごと』

誤って工事現場に来てしまった少年が穴に落ち負傷。1000万円請求するも、すったもんだあって請求を取り下げた。

 

『笑い上戸』

ブラックジャックの昔の親友が患者。手術代の請求無し。

 

 

<総評>

以上46話です。私が調べた全218話のうち、46話分(全体の21%にあたる)はタダ働きをしていることになります。

 

もっとも、「手術代の額が不明なパターン」と「無料治療パターン」は区別が付きにくいです。分類は私の主観で行っていますので、無料治療パターンに分類した回の中にも、もしかしたら陰でこっそり請求があったの回もあるかもしれません。

 

このパターンの小分類としては

  • 最初から請求するつもりがない
  • 請求したものの後から全額患者に返金した
  • 患者が動物(支払い能力なし)
  • 患者が過去に世話になった人
  • 患者が助手のピノコ
  • ブラックジャックが自分の体を自分自身で手術した

 

といった感じで分けられます。『骨肉』の回のように、自分で部分麻酔して自分で腹を切り刻む回も存在します。

 

ちなみに、助手のピノコはブラックジャックの家に来てから3回手術を受けています。あの小さな身体でよく何回も手術に耐えられるなぁ~って感じです。

 

【スポンサーリンク】

   

 

 

〇そもそもブラックジャックが手術をしていないパターン

 

『報復』

手術していない

 

『アリの足』

難病を抱えた少年が歩いて旅に出る話。手術なし

 

『万引き犬』

人間の持ち物を奪うことで危険を知らせる野良犬の話。手術なし

 

『古和病院』

ブラックジャックと同じく無免許医師の話。ブラックジャックは手術の立ち会いのみ。

 

『友よいずこ』

ブラックジャックが子供のころ、不発弾事故にあって重傷を負った際に、移植する皮膚を分けてくれた友人を探す話。手術なし。

 

『六等星』

大病院の目立たない医者の話。手術なし

 

『座頭医師』

盲目のハリ師、琵琶丸との話。手術なし。

 

『不発弾』

幼少期に巻き込まれた不発弾事故の責任者に復讐する話。手術なし。 

 

 『宝島』

ブラックジャックが買った無人島にまつわる話。手術なし。

 

 『B・J入院す』

ブラックジャックは手術せずに付き添うだけ。

 

『銃創』

強盗団に襲われたブラックジャックを、たまたま居合わせたヤブ医師が治療する話。 

 

『雪の訪問者』

手術の手伝いのみ。

 

『助っ人』

恩師の手術の手伝い。 

 

『発作』

ヒステリーを起こす少女が患者。診察のみで手術していない。

 

『ピノコ再び』

ピノコを養子に出そうとする話。手術なし。

 

『水とあくたれ』

足の悪い水泳選手に関する話。手術なし。

 

『青い恐怖』

大きな貝に足を挟まれる話。メスで貝をこじ開けた。

 

『黒潮号メモ』

手術なし。 

 

『ポケットモンキー』

ブラックジャックが交通死亡事故の犯人と疑われる話。手術なし。

 

『コレラさわぎ』

ブラックジャックがコレラに罹ったと勘違いした話。手術なし。

 

『ピノコ・ミステリー』

ブラックジャックの家に届いた手紙に関する話。手術なし。 

 

『人生という名のSL』

ブラックジャックが見た夢の話。手術なし。

 

『望郷』

軍艦島がモデルの話。手術なし。 

 

『カプセルをはく男』

麻薬を胃の中に入れて密輸しようとした売人とグルになった町医者の話。手術なし。

 

『執念』

末期ガンに侵された新人の医者の話。ブラックジャックは末期がんの医者が執刀する手術の手伝いをしたのみ。

 

『死者との対話』

解剖実験の話。手術なし。 

 

 

 

<総評> 

以上26話分です。ブラックジャックの基本的な姿勢としては、自分自身が主治医でなければ手術代は請求しません。このパターンで多いのが、ブラックジャック以外の医者にまるわる話でその医者が手術するパターン(ブラックジャックは助手)です。 

 

また、医療漫画ですが、手術シーンが存在しない回も存在します。『人生という名のSL』という回は、過去の回想話であり、人物描写に力が入れられています。

 

 

 

終わりに…

 

今回の調査は、

ブラック・ジャック|マンガ|手塚治虫 TEZUKA OSAMU OFFICIAL

手塚治虫オフィシャルHPにおいて、電子書籍化されている全218話分を調査したものです。電子書籍化されていない未収録回が20話ちょっとくらいあるので、あとは勝手に各自調べてください(*'ω'*)。

 


【限定激安クーポン】ブラックジャック[文庫版](1-17巻全巻)漫画全巻セット【中古本】【中古】afb【全巻セット】【全巻漫画】
 

 

なんか各話のタイトルだけで読みたくなってくる不思議。これも手塚先生の手腕でしょうね(∩´∀`)

 

いつも読んでくださっている読者様に業務連絡ですが、この記事の編集に1週間以上かかってしまい、下書きのストックが底をつきましたので次の更新は来週です。次の更新まで、ひたすらこのクソ長い記事を読み続けてください(๑・̑◡・̑๑)

 

当ブログのtwitterアカウントはこちら

ツベルクリン@現役添乗員 (@tuberculin0706) | Twitter

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】